一台の自動車に複数の旅客が乗り合わせ、個々の旅客とそれぞれ運送契約を締結して運送を行なう事業を、「一般乗合旅客自動車運送事業」といいます。 これを行うためには、道路運送法第4条の規定に基づく許可が必要です。 一般乗合旅客自動車運送事業の許可を受けるためには、道路運送法及び同法施行規則に基づき、許可基準その他の基準を満たすことのできることを示す申請書を提出する必要があります。
また、許可後も継続して許可基準その他の遵守事項を遵守してゆかねばなりません。
しかし、最低車両数や運賃などのいくつかの基準については、地域の公共交通を維持し、発展させてゆくために開催される地域公共交通会議において合意がなされた乗合運送を行う場合であって、地域公共交通会議において適当と認められた場合に限り、緩和することが可能となっています。

中部運輸局管内での許可基準等に係る公示及び許可申請書等の様式例は、以下のとおりです。


















    ○一般乗合旅客自動車運送事業関係公示
    ○一般乗合旅客自動車運送事業申請書様式例・記載例