船舶の検査に関すること
 船舶の所有者は船舶を航行させる場合、船舶と人命の安全のため、また海洋の汚染を防止するために、定期的に検査を受けることが義務づけられています。検査に合格した船舶には、船舶検査証書が発給されます。
 船舶検査は、船舶安全法・海洋汚染防止法などに技術基準が定められており、これに基づき検査を実施します

(主な検査の種類及び時期)

定期検査
 初めて船舶を航行させるとき、または船舶検査証書の有効期間が満了する時期までに受ける検査です。
 船舶検査証書の有効期間は、航行区域や総トン数などにより決まっており、5年または6年になっております。


中間検査

 定期検査と定期検査の間に受ける検査で、第1種中間検査、第2種中間検査などがあります。

臨時検査
 法令に定める改造、修理等を行った時に受ける検査です。

臨時航行検査
 船舶検査証書を持っていない船舶を臨時に航行させるときに受ける検査です。

 なお、検査は総トン数が20トン以上の船舶は地方運輸局及びその出先機関(福井運輸支局等)が行い、20トン未満の小型の船舶については原則として日本小型船舶検査機構が実施します。
  船舶検査申請書 
  書換申請書

 船舶法に関すること
【船舶登録測度に関すること】
   船舶の総トン数の測度申請 
 船舶の総トン数の改測申請
 船舶の新規登録申請
 船舶の変更登録及び船舶国籍証書の書換申請
 船舶国籍証書の検認申請
 船舶国籍証書の検認期日の延期及び再延期申請
 船舶国籍証書の再交付申請
 抹消登録申請
 仮船舶国籍証書の交付申請
 仮船舶国籍証書の書換申請
 仮船舶国籍証書の再交付申請
 登録事項証明書・船舶原簿謄本交付等申請
 総トン数計算書謄抄本交付等申請
 未登録船舶の信号符字の点附申請
 船舶国籍証書又は仮船舶国籍証書の英訳併記の交付申請
 登録の訂正申請

 造船法・小型船造船業法に関すること
船舶製造業・修繕業の届出等
小型船の製造業・修繕業にかかる申請等

 トン数に関すること
トン数について
 船舶の大きさまたは有用能力を表すための尺度として用いられ、安全規則の適用基準・乗組員の資格適用基準等海事関係法令の適用指標や、各種課税及び手数料等の賦課指標として広く使用されており、目的によって次のような種類がある。

 総トン数
  わが国における海事に関する制度において船舶の大きさを表すために用いられる指標

 国際総トン数
  国際航海に従事する船舶の大きさを表すための指標

 純トン数
  旅客または貨物用の場所の大きさを表す指標

 載貨重量トン数
  貨物等の最大積載重量を表す指標

 責任トン数
  船主責任保険の限定額を算定する際に基準値として用いられる指標

 パナマ運河トン数
  運河通航料等の賦課基準として用いられる指標

 スエズ運河トン数
  運河通航料等の賦課基準として用いられる指標
船舶のトン数の測度に関する法律
船舶のトン数の測度に関する法律施行規則

 船員(職種・船員手帳等)に関すること
船員(職種・船員手帳等)について
船員の求人・求職(船員職業安定情報)について

 船の免許に関すること
免許について