文字のサイズ変更

トップイメージ

トップ > 観光振興に関すること > 留学生スキーインストラクター育成プロジェクト
 

 北海道は世界でも有数のスノーリゾートであり、世界中からパウダースノーを求めて多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れる一方で、外国人スキー客を指導することのできるインストラクターが不足していることから、北海道運輸局では「おもてなしスノーレンジャー」育成チームを結成し、北海道在住の留学生が北海道スキー連盟の「認定スキー指導員」資格取得を目的とするプロジェクトを立ち上げ、プロジェクト開始から4年で39名の認定指導員を輩出しました。
 北海道スキー連盟の「認定スキー指導員」資格取得を通じて、留学生をスキー観光に欠かせない人材へと育成することで、外国人スキーヤーに母国語でスキーレッスンの出来るインストラクターの充実といったスキー観光客の受入体制を構築し、世界一のスノーリゾート北海道確立のために、今シーズンもプロジェクトを実施致します。

留学生スキーインストラクター『おもてなしスノーレンジャー』育成プロジェクトについて

29.10.11 留学生スキーインストラクター育成プロジェクト チャレンジャー募集!
 ■ 募集案内(PDF 249KB)
 ■ 参加申込書(Excel 16KB)
 
2013−2014シーズン実績
2014−2015シーズン実績
2015−2016シーズン実績
2016−2017シーズン実績 
 
060-0042
札幌市中央区大通西10丁目 札幌第2合同庁舎6階

「おもてなしスノーレンジャー」育成チーム 安田、笹野、天羽

TEL011-290-2700 (北海道運輸局観光部)