文字のサイズ変更

トップイメージ

トップ > 鉄道に関すること > 10月14日は鉄道の日
                            
      
●日本の鉄道は、明治5年(1872年)10月14日に新橋〜横浜間(29q)で初めて開通しま した。以来、日本の発展に欠かせない基幹産業として、また身近で便利な交通機関として多 くの人に親しまれてきています。

●平成6年に、その誕生と発展を記念して10月14日が「鉄道の日」として定められ、今後も鉄道が国民から愛され、その役割についての理解と関心が深まることを願い、毎年全国で多彩な行事が行われています。

●北海道においても、鉄軌道事業者等と北海道運輸局で構成する「鉄道の日」北海道実行委員会主催の記念行事をはじめ、各鉄軌道事業者による関係行事が開催されています。



第24回 鉄道の日記念イベントについて


  鉄道フェスティバルin北海道 〜 札幌駅南口広場で鉄道にふれあおう 〜

    ■実施日:平成29年10月7日(土) 午前10時〜午後3時
    ■会  場:札幌駅南口広場(入場無料)
    ■協  力:(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構
           北海道総合政策部交通政策局新幹線推進室
           北海道コカ・コーラボトリング(株)


     ○北海道新幹線H5系ミニ新幹線乗車・新幹線ふわふわ遊具をお子様限定無料開放
     ○北海道索道協会による豪華景品が当たるビンゴ大会
     ○札幌市営交通90周年記念クイズ大会
     ○どこでもユキちゃんと北海道新幹線のクイズ大会
     ○北海道コカ・コーラボトリング(株)協賛による縁日の開催
     ○函館市電による廃用部品の販売
     ○各鉄道会社等出展者ブース、展示コーナー・グッズ販売等

    下の写真は、平成28年の「鉄道フェスティバルin北海道」の様子です

 

 


  函館路面電車運転体験会 〜 市電の運転を体験しよう 〜

    ■実施日:平成29年10月15日(日)
           午前の部  9時〜12時
           午後の部 13時〜16時

    ■募集人員:50名(午前 25名/午後 25名)
             定員になり次第締め切りです

    ■体験車両:8000型
    ■参加費:5,000円
    ■参加資格:中学生以上で、ご自分で運転席に座れる方
    ■体験内容:各種講習を受けていただき,その後実車を運転100m区間を3回運転
            ※今回を含め参加回数5回以上の方は6回運転
            路面電車の運転席に座って,駒場車庫構内の約100mを運転する体験企画です。

    ■応募方法:こちら(函館市電ホームページ)に掲載している申し込みフォームから受付

    ■会場:函館市交通局交通部駒場車庫内
     ○道南いさりび鉄道(株)とのコラボ企画として、道南いさりび鉄道(株)のオリジナルグッズの販売
     ○Nゲージ模型の展示

    ■主催:「鉄道の日」北海道実行委員会、函館市、道南いさりび鉄道(株)

     詳しくは、こちら(函館市電ホームページ)をご覧ください。


 
函館市電


  記念式典:鉄道関係功労者等に対する北海道運輸局長表彰

    ■実施日:平成29年10月16日(月)
    ○場 所:札幌第2合同庁舎9階講堂


※平成28年度表彰式


  過去の鉄道の日記念イベント

    ■第22回(平成27年)

    ■第23回(平成28年)

         



    
問い合わせ先:「鉄道の日」北海道実行委員会 
          国土交通省 北海道運輸局鉄道部計画課
           TEL 011(290)2731