H O M E  B A C K  Q & A  登録サイトマップ  書式・様式  資料・統計
輸出抹消仮登録
申請の内容によっては下記以外にも書類が必要な場合がありますので、
詳しくは登録申請ヘルプデスクまでお問い合わせください。

(オペレ−ターにつなぎたい場合は、音声ガイダンスが流れた後に「0」「3」「7」と順にプッシュして下さい。)
  自動車検査証(車検証)の備考欄に所有者情報が記載されている場合、所有者の住所・氏名(名称)が変更になっていたり、名義が変更になっていることがあります。詳しくは自動車検査証(車検証)に記載されている所有者にお尋ね下さい。(特に大手クレジット会社やローン会社の場合は注意が必要です。)
  輸出抹消仮登録の申請(自動車を輸出しようとするとき)には次の書類が必要になります。手続きについては、その自動車の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局で行ってください。
      ※ 申請の条件
          輸出抹消仮登録申請
          大型特殊自動車、被けん引自動車には適用しません。
          輸出予定日の6ヶ月前から申請することができます。
 
1. 印鑑証明書(所有者のもので発行日から3ヶ月以内のもの)
2. 所有者の印鑑等
   ア)所有者本人が申請するとき
     申請書への印鑑証明書の印鑑(実印)の押印
   イ)所有者本人が直接申請できない場合で代理人が申請するとき
     所有者の印鑑証明書の印鑑(実印)を押印した委任状
3. 所有者の氏名・名称、住所に変更がある場合
   自動車検査証の記載内容から現在までの変更内容が確認できる証明書
   (住民票、住民票の除票、戸籍の附票、戸籍謄本等、又は商業登記簿謄本等
4. 輸出の予定日
   (申請書への記載が必要となります。)
5. 自動車検査証
6. ナンバープレート(2枚)
7. 届出書(第3号様式の2)
8. 手数料納付書(350円の検査登録印紙を貼付)
9. (所有者が自動車検査証(車検証)の備考欄に記載されてる場合)
   登録識別情報の電子的な提供又は申請書への登録識別情報の記入が必要です。
 
名義変更又は所有者の氏名・名称、住所に変更がある場合は、別途移転登録又は変更登録が同時に必要となります。)
輸出抹消仮登録証明書の所有者と輸出者が異なる場合は税関での手続きができません。移転登録後に輸出抹消仮登録申請を行ってください。
(別途、移転登録の書類及び費用が必要となります。)
輸出予定日を経過した場合又は輸出をとりやめた場合は、15日以内に輸出抹消仮登録証明書の返納をしなければなりません。
(別途、輸出抹消仮登録証明書返納届出に必要な書類をご覧下さい。)
上記については、一般的な申請のものであり、特殊な場合(相続、車検証やナンバープレートを返納できない等)には、この他に添付書類及び費用が必要となることがありますのでご確認願います。