ホーム > 新潟県の観光復興 > にいがた観光カリスマ

にいがた観光カリスマ

村山達三(むらやま たつぞう):新潟県十日町市

■有限会社東部タクシー代表取締役
■松代町観光協会理事
■フリーマーケット愛の風代表世話人
■NPO法人ほくほく村理事・事務局長

選定理由

地域に密着した観光タクシー事業を目指すとともに、過疎・少子高齢化が進む地域においての生き残り策は観光産業の発展が必要として、越後まつだい冬の陣等を考案し、観光振興に尽力しています。

具体的な取り組み内容

越後まつだい冬の陣は、昭和63年に第1回を開催し、村山氏は15年間実行委員長として指揮を執り、全国的な知名度に育て上げました。その結果、平成3年(財)地域活性化センター主催/第1回AAC地域イベント優秀賞を受賞しました。平成8年グアムで、雪だるまなど雪国新潟をPRしたことで、協同組合新潟県異業種交流センターから第5回地域活性化大賞受賞ました。

また、県内でいち早く観光乗合タクシーを導入し、地域文化や民族資源等自然豊かな里山の散策に親しむ名所周遊コースなど地域の道先案内人として貢献しています。

さらに、情報冊子「田舎はいつまでも田舎であってほしいから」を観光的見地から実費出版。松之山・松代の自然を中心に、山菜・きのこ、山野草・果物、歴史遺産・温泉施設・旅館などを紹介した「松之山・松代あれこれ」という冊子を作成し、地域観光等を紹介しています。「直伝、山菜取りのススメ」というHPを作成して、広く情報発信し尽力しています。