ホーム > 新潟県観光戦略会議 > にいがた観光カリスマ

にいがた観光カリスマ

菅野 敦司(すがの あつし):新潟県佐渡市

■財団法人鼓童文化財団事務局長
■アース・セレブレーション総合プロデューサー
■NPO法人しまみらい振興機構副代表理事

選定理由

新潟県佐渡市を拠点に、国際的な活動を行っている和太鼓集団、財団法人鼓童文化財団事務局長として、各種ワークショップの開催や「地球の祝祭アース・セレブレーション」の企画をはじめ、伝統文化に関する調査研究などを行うとともに、そのネットワークを活かし、地域資源を活用した体験型観光等、佐渡の新しい観光振興にも貢献しています。

具体的な取り組み内容

アース・セレブレーションは、世界各地の民俗音楽・芸能の専門家や研究者を招き、佐渡の自然の中で新しい「地球文化」の可能性を探るとともに、各地の伝統文化の紹介を通じてその振興を図っています。海外からの参加者を積極的に働きかけて国際交流を促進しています。

1988年に第1回目を開催し、平成18年で19周年を迎え、菅野氏は初回から携わってきた1人です。当初は海外ゲストの出演交渉などを担当し、1996年から鼓童文化財団事務局長に就任しました。平成18年の芸術祭では、のべ15,000人が佐渡に集まりました。

また、地域資源を活用した体験型観光の振興やトキ野生復帰をテーマとしたエコツーリズムを推進するなど、佐渡をフィールドに幅広い活躍を行っています。