ホーム > 新潟県観光戦略会議

新潟県観光戦略会議

 平成16年10月に発生した「新潟県中越地震」により多大な観光被害を受けた新潟県においては、同年12月に、新潟県商工会議所連合会を事務局として、県内観光関係者や新潟県、新潟市、北陸地方整備局、北陸信越運輸局等の参画の下、「新潟県観光復興会議」が発足し、宿泊キャンセル等の多大な観光被害を受けた新潟県の観光復興に向けて取り組みました。

 その後、震災からの復興にとどまらない更なる観光振興に向けた取組へと発展させていく必要があること等を踏まえて、平成17年4月に「新潟県観光復興会議」を「新潟県観光復興戦略会議」に改組しました。同年7月に、観光関係者や経済界、行政のみならず、学識経験者や県内各地で地域興しや交流促進に取り組む幅広い関係者約120人を集めた第1回会議を開催し、観光戦略の策定と実行を最大のテーマに、委員自らが「観光復興戦略」の策定等に関与する参加型の取組として活動が始まりました。
 本会議の下に「観光復興戦略策定委員会」と「観光カリスマ選定委員会」の2つの委員会が設置され、「観光復興戦略策定委員会」の下には、新潟の観光魅力の再発見等の7つのワーキンググループが設置されて具体的検討等を行ってきました。
 その結果、これまでに「にいがた大収穫祭」「新潟市観光・文化検定」の実施や、平成19年には「にいがた狼煙プロジェクト」「うるおい新潟SNS」の事業が実施されました。

 さらに、新潟県の観光復興の核となる人物を「にいがた観光カリスマ」として選び、今後の観光地づくりに活躍していただくこととしており、現在8名が認定されています。

 このような取組を通じ観光復興の兆しが見え始めた矢先、平成19年7月16日に「新潟県中越沖地震」が発生し、柏崎地域を中心に甚大な被害に見舞われ、再び風評被害等により新潟県全体の観光産業も多大な被害を受けました。その後も東日本大震災の発生などから本県観光は大きな被害を受けましたが、各委員を始めとする観光関係者の総力を結集した取組などにより、平成24年の観光入込客数が平成22年並みの水準まで回復しました。

 こうした状況を踏まえて、本会議を「観光復興」から一歩進めて、本県観光の将来を見据えた戦略策定の場として、更なる飛躍へとつなげるために「新潟県観光戦略会議」と名称を改め、引き続き国内外から選ばれるための魅力ある観光地づくりを進めていきます。