運輸局を希望する後輩達へのメッセージ

 自動車、鉄道、船と多様な乗り物の他、その交通政策、観光政策にかかる行政を担っております。運輸関係に興味がある方は、是非、業務説明会で運輸局がどのような仕事をしているのか聞いてみて下さい。仕事内容もそうですが、担当者と接して、運輸局ではどのような人が働いているのか肌で感じて、見て・聞いたことと併せて、納得して選んで頂ければ思います。 

プライベートの過ごし方

  今は、自分の子供が野球をやっているので、休日は試合の応援に行ったり、練習試合で審判をやったりしています。また、鉄道に乗って旅することが趣味なので、鉄道で出かけては地域の美味しい食べ物やお酒を探したりしてストレス解消、リフレッシュをしています。基本的に、外で活動することが多いですね。

運輸局を志望したきっかけは何ですか

 子供の頃から鉄道が好きで、運輸関係の仕事に就きたいと考えていました。
 学生時代に民間ではどのような会社があるのかなど調べているうちに、国に運輸省(私が入省した当時は国土交通省ではありませんでした。)という組織があり、鉄道や自動車の行政を行っていることを知り、興味を持ちました。

 
現在の仕事紹介 
                       

・部内・課内の総合調整に関すること

・鉄道、軌道及び索道の特許、許認可等に関すること

・鉄道の運賃に関すること、輸送-サービスに関すること など

















 
国土交通省 関東運輸局
Kanto District Transport Bureau, Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism





















      


                    



佐藤 義尚
Yoshihisa Sato

1992年入省 26年目

鉄道部監理課 課長補佐
国土交通事務官