● 自動車NOx・PM法成立の背景
 
大都市地域における窒素酸化物(NOx)による大気汚染は依然として深刻な状況が続いています。これまでも、工場等に対する規制や自動車排出ガス規制の強化に加え、自動車NOx法(平成4年)に基づいて特別な排出基準を定めての規制(車種規制)をはじめとする対策を実施してきましたが、自動車の交通量の増大等により、対策の目標としたニ酸化窒素に係る大気環境基準をおおむね達成することは困難な状況です。
一方、浮遊粒子状物質による大気汚染も大都市地域を中心に達成状況が低いレベルが続くという大変厳しい状況で、特に、近年、ディーゼル車から排出される粒子状物質(PM)については、発ガン性のおそれを含む国民の健康への悪影響が懸念されています。
このため、窒素酸化物に対する従来の対策を更に強化するとともに、自動車交通から生ずる粒子状物質の削減を図るために新たな対策を早急に講ずることが強く求められています。
こうした背景を受けて、平成13年6月に自動車NOx法の改正法(自動車NOx・PM法)が成立しました。
この法律には、一定の自動車に関して、より窒素酸化物や粒子状物質の排出の少ない車を使っていただくよう、「車種規制」という規制が盛り込まれています。この規制によって、大都市地域で所有し、使用できる車が制限されます。
 
○二酸化窒素(NO2)
 高濃度で呼吸器に悪い影響を与えるほか、酸性雨や光化学オキシダントの原因物質になると言われています。
○浮遊粒子状物質(SPM)
 大気中に長時間溜まり、高濃度で肺や気管などに沈着して呼吸器に悪い影響を与えるほか、発ガン性のおそれが指摘されています。
 
 
 パンフレット「自動車NOx・PM法の車種規制の概要について」(平成14年3月。環境省・国土交通省作成)より