港湾運送の役割

 港湾運送とは指定された港湾において、輸出入貨物や内航運送の貨物の船舶への積み込み、取り

卸しを行う作業です。

 お客様である荷主や消費者に安全かつ迅速に貨物を届けるため、港湾運送には、海上運送と陸上

運送とをつなぐ橋渡しとしての重要な役割があります。

 当局管内の指定された港湾は、京浜港(横浜港、東京港、川崎港)、千葉港、鹿島港、横須賀港、木

更津港、日立港の六港があり、約260の事業者が事業を営んでいます。

  

戻 る