トップ > 関東交通プランとは

関東交通プラン

関東交通プラン2005-2015とは

   関東運輸局では、平成17年4月に、関東地方交通審議会から答申「関東交通プラン2005-2015〜安全・安心・便利で環境にやさしい交通の実現と観光による地域の活性化のための行動計画〜」(以下「関東交通プラン」という。)をいただきました。
   関東交通プランは、今後の10年間を見据えた交通・観光に関する施策の具体的な行動指針となるものです。

答申の背景

  • 今、関東では、環境問題の深刻化、少子高齢化、地方における過疎化等により、大きな変革のときを迎えています。
  • 運輸事業においては、利用者を重視して、より安全で利便性の高い交通サービスを提供するために、これまでの規制を見直す大改革を行いました。
  • 我が国の交通ネットワークの中枢であり、内外からの観光客が集まる関東の交通・観光施策は、こうした変化に積極的に対応していかなければなりません。

【図】関東交通プラン概要図 モデル施策・推進プログラムへ 8つの「目標」と「施策の方向」へ 6つの基本姿勢へ

対象範囲

概ねの対象年次

2005年から2015年までの期間

対象区域

茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨の1都7県の全域

対象施策

鉄道、バス、タクシー、旅客船、マイカー、二輪・自転車、トラック、内航海運、
観光等に関する施策