関東運輸局
横浜港の風景


事業用自動車の事故削減に向け官民総力を挙げて取組みを推進

                                                           令和元年5月29日

    平成29年6月に策定された「事業用自動車総合安全プラン2020」を踏まえ、関東運輸局では、2020年(令和2年)までの
  「関東地域における事業用自動車交通事故削減目標」を定めています。
    今般、資料2の皆様を委員とする「平成31年度関東地域事業自動車安全対策会議」を4月22日に開催し、平成30年の
  管内の事故の傾向や特徴、関係法令の改正等を踏まえ、削減目標の達成に向けての具体的施策について検討しました。
    管内の事故の状況については、事業用自動車事故報告の分析を行い、2020年(令和2年)の事故削減目標を達成すべく、
  資料1のとおり「2019年度関東地域事業用自動車安全施策」(以下、「2019年度 安全施策」という。)を策定し、関東運輸局、
  関係団体及び関係機関が協力・連携し、官民総力を挙げて更なる事故防止の取組みを推進していくこととしましたので、
  お知らせいたします。

   【2019年度 安全施策の概要】(前年度の安全施策からの主な改正点)
    平成30年の管内の事故の傾向や特徴、関係法令の改正等を踏まえ、主に以下の事項について、項目を追加。

   ○運転者の確保、運転者の健康管理及び運転者教育の充実・強化
     ・今年度に策定予定の「自動車運送事業者における心臓疾患対策ガイドライン(仮称)」の理解の浸透、
      心臓疾患の検診の導入促進                  (資料1P5)
     ・初任、高齢、事故惹起運転者に対する指導監督の更なる強化
                                         (資料1P5、資料3P5 参照)
     ・運転者が睡眠不足や体調不良等を申告しやすい職場環境の整備
                                         (資料1P4、資料3P6 参照)
   
   ○運転者の労働条件改善、担い手確保に向けた働き方改革の取組
     ・「働き方改革の実現に向けたアクションプラン」に基づき、長時間労働の是正など労働条件の改善、
      運転者の確保や生産性の向上等の取組を推進                (資料1P9)
     ・平成30年11月に策定された「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けた
      ガイドライン」及び同年12月に策定された「トラック運送サービスを持続的に提供可能とするための
      ガイドライン」の普及、定着の促進                         (資料1P9)
   
   ○飲酒運転等悪質な法令違反の根絶
     ・悪質な法令違反の根絶のため法令遵守の指導の徹底  (資料1P11、資料3P7 参照)
 

お問い合わせ先

  関東運輸局自動車技術安全部保安・環境課 掛川、栁
TEL:045-211-7256 (直通)