トップ > 特定外来生物の侵入防止に係る国内における対応について

特定外来生物の侵入防止に係る国内における対応について

〜輸入コンテナを取り扱う事業者の皆様へ〜

  これまで関係各位の協力を得ながら特定外来生物の侵入防止に係る国内における対応(いわゆる「ヒアリ対策」。)を

行ってきたところでありますが、今般、ジブチ共和国(環境省が把握しているヒアリ定着国でない地域)発、オマーン国、

中国経由にて横浜港で陸揚げされたコンテナにヒアリが確認されるという事案が発生いたしました。(別紙1)

  ヒアリは、刺傷による人の健康被害等、侵入・定着した場合は甚大な被害をもたらすと考えられております。

  各位におかれましては、輸入コンテナを取り扱う場合、下記の対策を講じて頂けるようお願いいたします。


  ※今後追加情報等については当ページにて随時更新いたしますので都度ご確認をお願いいたします。
1.輸入コンテナを取り扱う場合において、ヒアリと疑われるものが存在していないか確認をお願いいたします。


2.ヒアリと疑われるものを発見された場合には、これを安全に駆除し、都道府県環境主管部局又は環境省地方環境事

  務所へご連絡を頂けるようお願いいたします。

  (関係官署連絡先(都道府県・環境事務所別)は別紙2をご参照ください。)


3.輸入コンテナがヒアリの生息地及び生息が疑われる地域(※)が経由地となっているか確認するにあたっては、別紙3

  に記載されている船会社ホームページから確認するようお願いいたします。
    ・【別紙1】横浜港におけるヒアリの確認について
    ・【別紙2】関係官署連絡先
    ・【別紙3】主要コンテナ船社のトラッキングサービスのサイトについて
    (ヒアリに係る参考資料)
    (※)https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf
Copyright© Kanto District Transport Bureau All rights reserved