路線バスは、
   通勤・通学・通院・買物といった日常生活の足として、地域住民の方にとってはなくてはなら
  ないものです。そのため、日頃利用しているバス路線がなくなることは、とりわけ、
 自家用自動車等ほかの交通手段による移動が困難な高齢者にとっては深刻な問題を
 もたらします。
事実、
  自家用自動車の利用増加につれ、路線バスの利用者数は年々減少の一途をたどり、経営
 状態が悪化した路線バス事業者による路線の縮小、廃止等が相次ぎ、地域の交通サービスを
  維持することが困難な地域が増えています。事業者の経営努力、国・自治体の補助等によりバス
  の利用促進を図っていますが、利用者の減少には歯止めがかからないのが現状です。(図参照)
   また、不便地域を解消するために自治体等により運行されているコミュニティバスも、利用者
 が伸び悩み、路線を維持するのが困難となっています。
   利用者の減少→バス事業者の経営悪化→路線廃止等による交通サービスの低下→さらなる
 利用者減を招くという悪循環を断ち切るためには、住民の方に利用していただくことが何よりも
 必要です。
 さらに、環境面からも
   自家用自動車から路線バス等の公共交通機関への利用転換をはかることで、交通渋滞の
  解消、CO2の削減といった効果も期待できます。

 積極的に公共交通機関を利用し、地域の交通、環境をひとりひとり
 の力で維持・改善していきましょう!!

>>乗合バス事業者一覧(大阪府)

>>大阪府におけるコミュニティバスの現状について

         新着情報は近畿運輸局ホームページへ>> GO

=