ページトップ

[本文へジャンプ]

九州運輸局 > 報道発表&お知らせ > お知らせ 一覧 > 自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督について

自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督について印刷用ページ

 バス、タクシー、トラック運転者教育を充実

〜睡眠不足による交通事故を防止するための教育内容についても記載〜

 睡眠不足による重大な交通事故が発生していること、事故発生時や積雪時等の緊急時の対応や安全確保が不十分である事案が発生していること、被害軽減ブレーキや車線逸脱警報装置等の運転支援装置を備えた車両が普及してきていること等を踏まえ、「自動車運送事業者が運転者に対して行う指導及び監督の指針」(告示)に、これらに対応する内容を追加するための改正を行いました。

 また、この指針を具体的に実施する際の手引き書として公表している「自動車運送事業者が運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアル」についても、指針の改正に関する内容を盛り込んだ改正を行いました。


 改正後の告示及びマニュアル改訂版については、以下のURLからご確認いただけます。(自動車総合安全情報)

→ https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03safety/instruction.html#press20120410


 なお、睡眠不足による交通事故の防止について運転者を指導及び監督する際の一助として、上記マニュアルのほか、「睡眠不足対策の強化に関するQ&A」を作成しましたので、併せてご活用ください。(自動車総合安全情報)

→ https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03sleep/index.html



<お問い合わせ先>

九州運輸局 自動車技術安全部 保安・環境課 電話:092−472−2546

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク