ページトップ

[本文へジャンプ]

国土交通省 九州運輸局印刷用ページ

海上安全環境部

放置座礁船対策

外航船舶へのPI保険加入を義務付け


我が国の沿岸に放置される座礁船の問題等に対処するために、平成16年4月に「油濁損害賠償保障法」が改正されました。
  これにより平成17年3月1日からは、100トン級以上の外国航路に就航する船舶に対し、座礁・沈没した船舶の燃料油による沿岸・海上の油濁損害や船体撤去に係る費用を保障する船主責任相互保険(PI保険)へ加入しなければ、本邦(日本)への入港及び出港が出来なくなりました。
さらに、対象船舶が入港する際には、入港する管轄の地方運輸局等への事前通報が義務付けられており、船内には証明書等の備え置きも必要となりました。

 

宮崎県日南海岸 座礁船
宮崎県日南海岸 座礁船
詳細については、国土交通省サイトをご覧下さい。
>>> http://www.mlit.go.jp/maritime/insurance_portal.htm

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク