ページトップ

[本文へジャンプ]

九州運輸局 > 報道発表&お知らせ > お知らせ 一覧 > 改正油賠法(船舶油濁等損害賠償保障法)の説明会を開催します

改正油賠法(船舶油濁等損害賠償保障法)の説明会を開催します印刷用ページ

 「2001年の燃料油による汚染損害についての民事責任に関する国際条約(バンカー条約)」及び
 「2007年の難破物の除去に関するナイロビ国際条約(ナイロビ条約)に対応するため、「船舶油濁損害賠償保障法(油賠法)」が令和元年5月に改正され、令和2年10月1日から施行される予定です。
 これに伴い、令和2年10月1日(予定)以降、既に義務化されている国際総トン数100トン以上の外航船舶に加え、国際総トン数300トン以上にあたる内航船舶(※)についても船主責任保険(PI保険)の加入及び運輸局が交付する保障契約証明書の船内備置が義務づけられます。
 必要となる保障契約証明書については、各地方運輸局にて令和2年3月1日から交付申請の受付を開始します。
 そこで、九州運輸局では、下記のとおり標記説明会を開催し、国土交通省担当官から「改正油賠法」の概要や必要となる保障契約証明書の申請方法等についてご説明することとしましたのでお知らせします。
 なお、本説明会は主として内航の旅客船・貨物船・漁船の船舶所有者等向けの説明内容となっております。10月1日(予定)からの外航船の入港通報の改正につきましては、あらためてご連絡しますので申し添えます。

※適用対象の基準となるトン数は「国際総トン数」です。内航船舶で通常使用されているトン数とは異なりますのでご注意下さい。国際総トン数は、総トン数計算書(JCD-2「法第4条第2項の規定の例により算定した数値t」)に記載されています。
※非自航の作業船やバージ等の総トン数を有さない船舶は対象外です。


【日時】 令和2年2月28日(金曜日)
第1回 13時00分〜15時00分 第2回 15時30分〜17時30分
※第1回、第2回は同じ内容の説明です。ご希望の時間を選択してください。
【対象】 主として内航の旅客船・貨物船・漁船の船舶所有者等
【場所】 福岡合同庁舎新館3F 共用大会議室(福岡市博多区博多駅東2-11-1)
【定員】 各回170名(先着順)
【主な内容】 改正油賠法の概要、必要となる証明書及び申請方法
【申込方法】 別紙「申込書」【Word:39KB】 【PDF:47KB】により2月20日(木曜日)までにFAXでお申し込み下さい。

報道発表&お知らせ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク