ページトップ

[本文へジャンプ]

九州運輸局 > 報道発表&お知らせ > 報道発表一覧 > 「心のバリアフリー」ってなんだろう?〜小学校でバリアフリー教室を開催します〜

「心のバリアフリー」ってなんだろう?〜小学校でバリアフリー教室を開催します〜印刷用ページ

 九州運輸局では、10月10日(水曜日)と10月11日(木曜日)に、福岡市立内野小学校と熊本市立山ノ内小学校の4年生児童を対象に、それぞれの小学校にて「バリアフリー教室」を開催します。児童たちは、障がい者擬似体験・介助体験等を通して、高齢者や障がい者等困っている方を自然にサポートできる「心のバリアフリー」について学びます。

 九州運輸局では、平成14年から、心のバリアを取り除き、多様な人々の存在をお互いに理解しあい、支え合う「心のバリアフリー」を促進するものとして、九州各地において小学生や公共交通事業者を対象として「バリアフリー教室」を開催しています。
擬似体験、介助体験等を通して、バリアフリーについての理解を深めるとともに、自然に快く「お手伝いしましょうか」というサポートができる「心のバリアフリー」社会の実現を目指しています。

■開催概要
1.バスを使用しての障がい者擬似体験及び介助体験
  ※車体を上下する調整機能(バス乗降口のステップを低くする機能)を装備しているバスを使用
2.体育館での障がい者擬似体験及び介助体験
3.(内野小のみ)盲導犬の特性についての学習、訓練見学

〇福岡市立内野小学校(福岡市早良区内野8−15−1)
 日時   平成30年10月10日(水曜日)9時30分〜12時15分
 参加者  内野小学校 4年生55名
 協力   西日本鉄道(株)、(公財)九州盲導犬協会
 ※ 内野小には盲導犬(PR犬)も来てくれます!

〇熊本市立山ノ内小学校(熊本市東区山ノ内4丁目1−1)
 日時  平成30年10月11日(木曜日)9時30分〜12時00分
 参加者 山ノ内小学校4年生111名
 協力  熊本都市バス(株)、(社福)熊本市社会福祉協議会
 (特非)ヒューマンネットワーク熊本

取材をご希望の場合は、別紙取材申込書によりご連絡下さい。
報道発表資料【PDF:228KB】
取材申込用紙【PDF:106KB】  【Word:47KB】


種類
資料配布

所管部課
交通政策部 消費者行政・情報課

報道発表&お知らせ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク