ページトップ

[本文へジャンプ]

九州運輸局 > 報道発表&お知らせ > 報道発表一覧 > 長距離フェリーは、旅客・車両共に4年連続の増加 主要離島航路は、概ね前年度実績を維持 〜平成30年度 輸送実績〜

長距離フェリーは、旅客・車両共に4年連続の増加 主要離島航路は、概ね前年度実績を維持 〜平成30年度 輸送実績〜印刷用ページ

【長距離フェリー航路】
 ・平成30年度輸送実績
  @旅客:前年度比  100.3%、163万6,596人
  A車両:前年度比  101.2%、122万2,109台

 ・輸送実績の概要
   九州発着の長距離フェリーの平成30年度輸送実績は、旅客については船舶の故障等による運休の影響をうけた
  ものの、新造船効果や運賃割引プランの広告宣伝を強化したことで前年度比100.3%の163万7千人となり、また車両
  については、トラックにおける運送事業者への労務管理強化やドライバー不足問題を受けてモーダルシフトが進んだ
  ことなどにより前年度比101.2%の122万2千台となり、いずれも4年連続の増加となりました。

【主要離島航路】
 ・平成30年度輸送実績
  @旅客:前年度比  100.0%、339万6,385人
  A車両:前年度比  104.3%、 25万8,678台

 ・輸送実績の概要
    九州管内の主要離島航路の平成30年度輸送実績は、旅客については、ほぼ前年度並みの339万6千人となり、
  また車両については、公共工事関係車両の利用増などを受けて、前年度比104.3%の25万9千台で4年連続の増加
  となりました。

   報道発表資料【PDF:530KB】

   所管部課
   海事振興部 旅客課

報道発表&お知らせ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク