自動車整備士技能検定制度


 自動車整備士技能検定制度は、自動車の整備技術の向上を図るために創設されたもので、現在、14種類の自動車整備士技能検定試験があります。
 技能検定試験は、一定の受験資格を有する者について学科試験と実技試験が行われます。また、試験の合格者には国土交通大臣から合格証書が交付されます。


自動車整備士の種類
1級 大型自動車整備士
小型自動車整備士
二輪自動車整備士
2級 ガソリン自動車整備士
ジーゼル自動車整備士
自動車シャシ整備士
二輪自動車整備士
3級 自動車シャシ整備士
自動車ガソリン・エンジン整備士
自動車ジーゼル・エンジン整備士
二輪自動車整備士
特殊 自動車タイヤ整備士
自動車電気装置整備士
自動車車体整備士


※自動車整備士になるには、国土交通大臣の行う技能検定試験を受ける必要があります。


自動車検査員試問、申請・届出手続等へ

技能検定試験の案内へ

戻る