ページトップ

[本文へジャンプ]

北海道運輸局 > 過去のプレス情報 > 道東におけるバスの路線案内、チケットの予約・購入及び決済を一括して行えるWEBサイトがスタートします 〜道東のバス路線全体が一つのネットワークとなるとともにチケットレス乗車も可能となります〜

道東におけるバスの路線案内、チケットの予約・購入及び決済を一括して行えるWEBサイトがスタートします 〜道東のバス路線全体が一つのネットワークとなるとともにチケットレス乗車も可能となります〜印刷用ページ

2021年12月3日 更新

 北海道運輸局と道東バス事業者7社は、WILLER株式会社とともに、道東エリアのバスの路線案内、予約・購入・決済、チケットレス乗車を一括して行えるWEBサイトを本日リリースしました。
 このWEBサイトにより、道東エリアの空港連絡バス、都市間バス、観光利用の多い路線バスを一つにまとめて道東のバス全体をネットワーク化します。さらに、バス・鉄道で巡るモデルコース等について情報発信を行い、二次交通事業者と航空・空港・観光関係者が協働するモデルの構築を目指します。

1.調査の背景
 昨年度北海道運輸局が行った調査により、道外・インバウンドの道東旅行者の約3割が公共交通のみで移動しており、また、この層は女性や若者が多く、WEB活用による旅行情報収集・予約手配が主流となっている一方、自動車利用者に比べて周遊範囲が狭いことがわかりました。(※)
 これを踏まえ、道東空港間の二次交通を担う複数バス路線が一体的にオンライン予約・決済可能なWEBサイトを構築することにより、コロナ後も見据え、非接触キャッシュレス決済対応を行いつつ、旅行者の空港間周遊の促進、観光需要の取り込みによる持続可能な公共交通網の構築を目指した実証調査を行います。

 ※報道発表資料の別紙3「北海道内空港民間委託を契機とした二次交通活性化に関する調査」を参照願います。

2.調査の内容
 道東エリアにおける二次交通に関する特設サイトを開設、サイト内でバスの路線案内、バスや鉄道で巡るモデルコースの確認、路線バス等のオンライン予約・決済、スマートフォンでのチケットレス乗車を可能とするとともに、バス、鉄道、航空・空港・観光関係者の協力した利用者への周知を実施。これによる公共交通の利用促進効果、周遊促進効果等を検証。
 〇WEBサイト
 「バスや鉄道で旅するひがし北海道交通ネットワーク」
 サイトURL「https://travel.willer.co.jp/campaign/hokkaido/」資料別紙2を参照願います。

 〇対象路線
 道東エリアの空港連絡バス、都市間バス、観光利用の多い路線バス
 報道発表資料の別紙1「2次交通ネットワーク」を参照願います。

 〇実証期間
 1月1日から※一部路線では、運行開始日が異なります。

3.協力事業者

くしろバス株式会社
阿寒バス株式会社
根室交通株式会社
北海道北見バス株式会社
網走バス株式会社
斜里バス株式会社
北海道拓殖バス株式会社
北海道旅客鉄道株式会社
全日本空輸株式会社
日本航空株式会社
株式会社AIR DO
Peach Aviation株式会社
北海道エアポート株式会社
中標津空港ビル株式会社
一般社団法人ひがし北海道自然美への道DMO
北海道
北海道運輸局
WILLER株式会社

問い合わせ先

北海道運輸局交通政策部
次長 山本
交通企画課 平田
TEL:011−290−2721(直通)
FAX:011−290−2716

資料

過去のプレス情報

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク