ページトップ

[本文へジャンプ]

北陸信越運輸局 > 鉄道 > 鉄道部の業務案内

鉄道部の業務案内印刷用ページ

 当運輸局管内の鉄道網は、上越新幹線・北陸新幹線(長野新幹線)を中心として首都圏と直結しており、地域の活性化に大きく寄与しています。また、北陸新幹線は、長野以北(長野〜金沢間)の延伸工事が進められており、平成26年度までに完成予定となっています。整備されると金沢〜東京間の時間距離は一層短縮されることになり、延伸地域の活性化が期待されています。一方、地域の民営鉄道においては、輸送人員、営業収入の減少の歯止めがかからず、経営が困難になる路線もでてきています。
 当運輸局管内には、全国の索道(ロープウェイ、ゴンドラ、リフト等)の約4割が設置されていますが、景気低迷とレジャーの多様化等もあり、輸送人員、営業収入ともに減少傾向にあります。

鉄軌道、索道の充実・活性化促進

○地域鉄道支援・活性化のため、老朽化した施設の更新のための助成制度や活性化・再生総合事業とパッケージ化したソフト・ハードと一体で大幅な利便性向上の図るための助成制度を活用し、「頑張る地域と鉄軌道事業者」を重点的に支援しています。
○安全・快適な輸送サービス確保のため、安全対策設備整備の促進、駅のバリアフリー化を推進しています。
○人と環境に優しい交通体系を構築するために、次世代型高機能路面電車システム等の整備支援を行っています。
○主要なスキー場エリアにおける四季を通じた活性化方策を調査し、その結果を当運輸局のホームページに掲載するなど、スキー観光、索道事業の活性化を図っています。


補助制度を活用したラッピング車両



スキー場の輸送を担う索道


鉄軌道、索道の安全・安心対策

○鉄道及び索道の安全確保のため、事業者の法令遵守、安全運行、施設等について監査を実施しています。
○各社が自ら取組んでいる運輸安全マネジメントの評価を行い、更なる安全の向上を促進しています。
○事故等が発生した場合、その原因の究明を行うとともに、同種事故等の再発防止の状況について確認し、関係者に必要な指導を行っています。
○踏切道の諸問題について、関係者との連絡調整会議を開催するなどして、立体交差化等を推進しています。
○索道事業者に対して、研修会の開催等により施設の適切な維持管理を周知するとともに、冬季の繁忙期前においては、安全輸送の再徹底を行っています。
○列車の安全運行に資するため、運転従事者の国家試験を厳正に実施しています。


鉄道施設の保安監査




動力車操縦者運転免許試験




鉄道の事故調査




索道施設の保安監査



鉄道

  • 鉄道部の業務のご案内
  • 地域鉄道活性化
  • イベント情報
  • 運転事故等発生状況
  • 踏切事故の防止
  • 鉄道で旅しよう!

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク