ページトップ

[本文へジャンプ]

関東運輸局 > 各種手続 > 内航海運船舶管理事業者登録制度の普及

内航海運船舶管理事業者登録制度の普及印刷用ページ

 内航海運が抱える「船舶と船員の2つの高齢化」や「中小企業が多く脆弱な事業基盤」などの諸課題に対し、国土交通省が内航海運の目指すべき将来像として新たな産業政策を平成29年6月「内航未来創造プラン」としてとりまとめました。
 「登録船舶管理事業者制度」は、内航海運事業者の事業基盤の強化のための1つの取組として「内航未来創造プラン」に提示され、平成30年3月に公布された「登録船舶管理事業者規程(平成30年国土交通省告示第466号)」により、平成30年4月よりその運用を開始しました。

 「船舶管理事業者登録制度」は、現在、管理レベルへの不安等の懸念から内航海運業者による活用が一部に止まっている船舶管理事業者について、任意の登録により業務の情報や品質を「見える化」し、登録事業者に業務の適正な運営を確保するための必要な体制の整備を義務化すること等により、船舶管理業務の品質の向上、安定的かつ継続的な業務の実施を確保し、船舶管理事業者の活用促進を図るものです。

関係資料

各種手続

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク