ページトップ

[本文へジャンプ]

近畿運輸局 > 自動車の検査・登録 > 自動車の登録手続きについて > 新規登録(中古車新規の手続き)

新規登録(中古車新規の手続き)印刷用ページ

新規登録(中古車新規の手続き)

以前登録を受けており、現在は一時抹消登録中の自動車を使用しようとするときは、使用の本拠の位置を管轄する運輸支局又は自動車検査登録事務所にて新規登録の申請をして下さい。
※大阪合同庁舎第4号館 近畿運輸局(谷町四丁目)では手続き出来ません。

軽四輪及び軽三輪自動車については、管轄する軽自動車検査協会にお問い合わせ下さい。
運輸支局又は自動車検査登録事務所
軽自動車検査協会
1. 申請に必要な書類等
【1】合格印のある自動車検査票、保安基準適合証又は予備検査証(有効期間のあるもの)
【2】申請書(OCR申請書第1号様式)→ダウンロードはこちら
【3】手数料納付書(検査登録印紙700円)→納付書は窓口に備えており、
   印紙は構内の売店にて販売しております。
  《参考》
   令和3年10月1日から自動車検査の法定手数料が変わります。
   詳しくはこちらをご覧ください。

【4】登録識別情報等通知書(若しくは一時抹消登録証明書)
   《所有者に変更がある場合は、譲渡人の押印のある譲渡証明書も必要です。》
   ※一時抹消登録証明書とは、平成20年11月3日以前に一時抹消登録をした場合に
     交付されていた書面
【5】所有者の印鑑証明書発行後3ヶ月以内のもの)
【6】実印(所有者本人が手続きする場合)又は委任状(代理人申請の場合〔実印を押印〕)
   ※ただし、所有者と使用者が異なる場合
   1.使用者の住所を証する書面
    (印鑑証明書・住民票・商業登記簿謄(抄)本又は登記事項証明書等で発行されてから
     3ヶ月以内のもの〔コピー可〕

    ※住民票は個人番号(マイナンバー)の記載されていないものをご用意ください。
   2.使用者の記名がある委任状(代理人申請の場合)
     《委任状に替えて申請書に記名でも可》
【7】自動車保管場所証明書警察署証明の日から40日以内のもの)
【8】自動車損害賠償責任保険証明書車検の有効期間を満たしているもの)
【9】自動車重量税(運輸支局等窓口に備えてある納付書に重量税印紙を貼付)

※その他の注意事項
.自動車運送事業の用に供する自動車及びレンタカー登録の場合は、「事業用自動車等連絡書」
   が必要です。
.車両総重量が8トン以上または最大積載量が5トン以上のダンプの場合は、
  「土砂等運搬大型自動車使用届出書」等が必要です。(土砂禁ダンプは不要です)
自動車税ナンバープレート代が必要です。(自動車取得税が必要な場合もあります)
.ナンバープレート取付け後、封印を受けて下さい。
.自動車の種類によっては、別に必要となる書類があります。
.その他、特殊な場合(未成年の登録など)は、登録手続きヘルプデスクへお問い合わせ下さい。
登記事項証明書は、法務局ホームページからオンラインによる交付請求を行うことができます。

※申請書様式はこちら
2. 登録窓口の受付時間
午前8時45分〜11時45分
午後1時〜4時
(土曜・日曜・祝祭日および12月29日〜1月3日は閉庁しております)
■問い合わせ先:自動車技術安全部

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク