ページトップ

[本文へジャンプ]

神戸運輸監理部トップ > 申請・手続き案内 > 船舶関係の手続き > 船舶の検査と登録(20トン以上の船舶)

船舶の検査と登録(20トン以上の船舶)印刷用ページ

 船舶を所有される方は、国や特殊法人による船舶の検査や登録(測度)が義務づけられています。
 船舶の検査をきちんと受検することは、船舶を所有、運航される方のみでなく、同乗される家族や知人友人の安全、海洋環境を守るために欠かせないものです。また、登録により所有関係を明らかにしておくことは、いらぬトラブル回避にもつながりますので、是非、ご理解願います。
 なお、手軽にマリンレジャーを楽しむため、様々な規制の軽減=適用除外(注1)もなされています。
受検、登録する機関は以下のとおり分類されます。
船舶の要目によって異なりますので、ご注意下さい。
船舶の要目 受検機関
総トン数20トン未満の船舶(一般的に小型のプレジャーボートや水上バイクなど)でホバークラフトなど特殊な船舶以外 日本小型船舶検査機構(JCI)
総トン数20トン以上の船舶及び20トン未満の特殊な船舶等などJCIで受検できないもの 国:国土交通省 神戸運輸監理部等地方運輸局
詳細については神戸運輸監理部船舶安全環境課(TEL:078-321-7052)までお問い合わせ願います。
船舶の登録にかかる主な手続きはこちら(20トン以上の船舶のみ)
(20トン未満はJCIが管轄していますのでご注意を!)

※1 適用除外(受検義務のない船舶)は主な例は
  • 12メートル未満の船舶で、三人を超える人の運送の用に供しないもの
  • 12メートル未満の船舶で、推進機関として船外機を使用するものであり、かつ、当該船外機の連続最大出力が長さ5メートル未満の船舶は3.7kw以下、長さ5メートル以上の船舶は7.4kw以下であるもの
  • 長さ3メートル未満の船舶で、推進機関の連続最大出力が1.5kw未満のもの などです。