ページトップ

[本文へジャンプ]

九州運輸局 > 報道発表&お知らせ > 報道発表一覧 > 私の楽しいに一直線! 宮崎・日南エリアの移動が変わります!〜 宮崎県で「MaaS」の実証実験が行われます 〜

私の楽しいに一直線! 宮崎・日南エリアの移動が変わります!〜 宮崎県で「MaaS」の実証実験が行われます 〜印刷用ページ

2020年10月19日 更新

 宮崎県宮崎市・日南市及びその近郊において、本年11月より「MaaS」の実証実験が開始されます。本実証実験は国土交通省による「日本版MaaS推進・支援事業」を活用したもので、九州運輸局管内では初の採択案件となります。
 国土交通省では、スマホアプリ等を用いて、出発地から目的地までの移動ニーズに対して最適な移動手段をシームレスに提供するなど、移動を単なる手段としてではなく、利用者にとっての一元的なサービスとして捉える「MaaS(Mobility as a Service、マース)」に関する取組の普及を推進しています。MaaSの普及により、地域や観光地における移動手段の確保・充実や公共交通機関の維持・活性化だけでなく、地域課題そのものの解決に寄与することを目指しています。
 本年度は、「日本版MaaS推進・支援事業」により全国で38事業が実施予定であり、九州では宮崎県宮崎市・日南市と福岡県糸島市において実証実験を行います。

【宮崎県におけるMaaS実証実験の特徴】
  • 実施主体 :宮崎県におけるMaaS実証実験実行委員会(事務局:JR九州、宮交HD)
  • 実施期間 :令和2年11月6日(金曜日)〜令和3年3月12日(金曜日)予定
  • 実証エリア:宮崎県宮崎市・日南市及びその近郊
  • 導入アプリ:「my route(マイルート)」
  • 提供サービス:
「my route」は、福岡市、北九州市、水俣市等でサービス展開中のMaaSアプリです。今回の実証実験において、宮崎・日南エリアでは、@多様な交通機関を含めた複合的なルート検索やAインターネット予約、Bデジタルチケット購入に加え、Cタクシー配車、シェアサイクル・カーシェア・レンタカーの検索・利用、Dバス・鉄道のリアルタイムな運行情報の提供、E地域の店舗・観光施設・イベント情報の提供を行えるようにすることで、モビリティサービスと目的地における生活・観光サービスを組み合わせた、利用者が移動しやすい/移動したくなる環境を構築します。


報道発表資料【PDF:707KB】


所管部課
交通政策部 交通企画課

報道発表&お知らせ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク