ページトップ

[本文へジャンプ]

九州運輸局 > 報道発表&お知らせ > 報道発表一覧 > 小学生が「心のバリアフリー」を学びます! 〜飯塚市立小中一貫校頴田校でバリアフリー教室を開催〜

小学生が「心のバリアフリー」を学びます! 〜飯塚市立小中一貫校頴田校でバリアフリー教室を開催〜印刷用ページ

2020年11月16日 更新

 九州運輸局では、11月20日(金曜日)に西鉄バス筑豊株式会社、飯塚市社会福祉協議会の協力のもと、飯塚市立小中一貫校頴田校4年生を対象に、「バリアフリー教室」を開催します。
 高齢者、障がい者等が安心に日常生活や社会生活が出来るようにするためには、施設整備(ハード面)だけではなく、高齢者・障がい者等の困難を自らの問題として認識し、心のバリアを取り除き、その社会参加に積極的に協力する「心のバリアフリー」の取組を広げることが重要です。
 九州運輸局では、小学生や交通事業者等を対象に「バリアフリー教室」を開催しています。
 アイマスクや車いす体験等を通じ、障がいに対する理解を深めて頂くことで、「心のバリアフリー」を推進し、誰もが尊重し支え合う社会の実現を目指します。 

※今年度はコロナ禍での開催となりますので、消毒や換気を徹底し、三密を避けるなどして感染リスクの低減措置を図ります。

報道発表資料【PDF:220KB】

所管部課
交通政策部 消費者行政・情報課

報道発表&お知らせ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク