ページトップ

[本文へジャンプ]

九州運輸局 > 報道発表&お知らせ > 報道発表一覧 > 九州管内の事業用自動車死亡・重傷事故低減対策を取りまとめました 〜なくそう! バス車内での転倒 気づかず飲酒運転〜

九州管内の事業用自動車死亡・重傷事故低減対策を取りまとめました 〜なくそう! バス車内での転倒 気づかず飲酒運転〜印刷用ページ

2020年11月25日 更新

 九州運輸局では、提出された事業用自動車事故報告書の事故データを多面的に分析し、事故を低減するための対策を取りまとめました。
 これらを関係者と共有し、特にバス車内での転倒事故防止と飲酒運転の防止に向け、より積極的に取り組みます。

 九州運輸局においては、事業用自動車の事故防止を推進する為、「事業用自動車総合安全プラン2020」(平成29年1月〜令和2年12月)を踏まえた事故削減目標を定め、官民総力を挙げて取り組んでおりますが、令和元年の交通事故発生状況等を取りまとめたところ、死者数、飲酒運転事故が目標未達成であることが確認されました。また、本年に入っても、バスによる死亡事故とトラック運転者の飲酒運転事故が既に目標未達成と なっております。
 こうした状況を踏まえ、九州運輸局では過去の事故データを分析し、その結果を関係者に本日通知しました。

自動車事故分析の結果はこちら
https://wwwtb.mlit.go.jp/kyushu/car/file10b.htm

また、バスはバス車内での転倒事故が多く発生しており、トラックでは依然として飲酒運転事故が発生していることから、特にこの2点について啓発用のチラシ等を作成し、順次事業所及びバス車内等に掲示を行い、関係者と共に周知を図って参ります。

報道発表資料【PDF:1.22MB】

所管部課
自動車技術安全部 保安・環境課

報道発表&お知らせ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク