ページトップ

[本文へジャンプ]

四国運輸局 > 分野別情報 > 自動車 > 宅配便について

宅配便について印刷用ページ

荷物に関する情報

お役立ち情報

 宅配便とは、主として一般消費者が利用者となる少量物品の運送です。利用者が、宅配便による荷物を依頼する場合は、トラック運送事業者が提携する米穀店、酒店、コンビニ等の取次店に持ち込めば取り扱ってもらえます。中には電話をすれば集荷もしてもらえ、他にも便利なサービスの提供もあります。

1.宅配便で送ることができる荷物
 重さ、大きさ、引き受けしない荷物などの制限があります。事業者によっては差がありますので基本的な内容をお知らせします。
<重さ>
 30kg以下
<大きさ>
 縦・横・高さの合計が1.7M以下。
 ただし、スキー用具、ゴルフ用具などはこの限りではありません。
<引き受けをしない荷物>
現金及び小切手、株券その他の有価証券
クレジットカード、キャッシュカードなどのカード類
遺骨、位牌、仏壇
鉄砲や刀剣類
火薬類その他の危険品
基本的な内容のみですので、営業所や取次店で確認して下さい。

2.費用について
 重さと大きさで区分して、荷物を送る地域毎に確定した金額となっています。また、時間を指定したり保冷(冷凍)の必要のある場合には別に料金が必要となります。
 荷物を店頭に持ち込んだ場合や数が多い場合などには減額や割引をします。回数券もあり、最近ではゴルフバックなどを往復で利用すると減額をする事業者もあります。

3.受取人が留守の場合
 受取人が留守であった場合は、荷物を届けにきた日時や連絡先などを記載した「不在連絡票」というものを置いていくことになっていますので、ここに記載されている営業所などに再配達の日時等を連絡して下さい。
 また、隣人(マンションなどであれば管理人)の承諾が得られれば、「不在連絡票」にその旨を記載して引渡しをお願いすることもあります。

4.送り状について
 宅配便を送る場合には、送り状への記入が必要となります。必要事項の記入が不充分であれば、トラブルの原因となることがあります。
 例えば、受取人が長期間不在などで荷物を引き渡せない場合は、送り主の名前や連絡先が書いてなければ、指示を受けることができません。また、われものであることが書いていなければ、破損がおこった場合でも事業者は責任を負わないことがあります。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク