ページトップ

[本文へジャンプ]

四国運輸局 > News Release一覧 > 一覧 > 交通・観光事業者の新型コロナウイルス感染症対策状況

交通・観光事業者の新型コロナウイルス感染症対策状況印刷用ページ

各事業の対策事例を掲載しています。

バス事業者

バス事業者の対策事例





販売窓口やバス車内に消毒液を設置、運行終了後に車内設備等の除菌作業を実施、始業・終業点呼時に検温チェックを実施、などの対策を実施しています。

また、一般社団法人四国バス協会のホームページでは「バスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」「貸切バスにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」が公開されており、各事業者はガイドラインに沿った対策を実施しています。


同協会のホームページでは、貸切バスの感染予防対策について、利用者向けのリーフレットも公開されています。




タクシー事業者

タクシー事業者の対策事例





乗務員のマスク着用、運転席と助手席・後部座席の間に飛沫感染防止シートの設置、定期的に車内消毒を実施、などの対策を実施しています。

また、一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会が策定した「タクシーにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」に沿った対策を実施しています。

鉄軌道・索道事業者

鉄軌道・索道事業者の対策事例




定期的に車内・駅設備等の消毒を実施、乗務員・駅係員のマスク着用と出勤時の体温測定を義務づけ、3密防止のため減員運行(ロープウェイ)、などの対策を実施しています。

また、「鉄軌道事業における新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドライン」に沿った対策を実施しています。


旅客船事業者

旅客船事業者の対策事例

旅客船事業者は、一般社団法人日本旅客船協会において策定された「旅客船事業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」等を踏まえ、以下のような対策を行っています。







宿泊施設

宿泊施設の対策事例




飛沫感染防止シートの設置、社会的距離を保つための案内マークの設置、化粧室内の手指乾燥機の使用禁止、宴会場の利用者に非接触型検温器で検温をお願い、などの対策を実施しています。

また、日本旅館協会の作成した「宿泊施設における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」等を踏まえた対策を行っています。

News Release一覧

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク