ページトップ

[本文へジャンプ]

東北運輸局 > 自動車の検査・登録 > 貸切バス事業者を対象とした講習会の実施について

貸切バス事業者を対象とした講習会の実施について印刷用ページ

貸切バス事業者を対象とした講習会の実施について

貸切バス事業は、新型コロナウイルスの感染拡大により著しく需要が減少している一方、今後のワクチン接種の拡大とともに、観光需要も徐々に回復していくことが予想されます。
このため、観光需要の低迷期から回復期に向かおうとしているこの時期に、今一度安全を第一とする意識を新たにしていただくため、下記のとおり運行管理者等を対象とした講習会を開催しますので、対象となる運行管理者等を受講させてください。

1.受講対象者
東北運輸局管内に営業所を置く一般貸切旅客自動車運送事業者の統括運行管理者等(※)
※各営業所において安全管理に携わる方1名以上が受講してください。

2.時期
令和3年7月7日(水曜日)〜7月13日(火曜日)

3.受講方法
(1)各運輸支局からURLを通知する講習動画(YouTube)を視聴することにより受講してください。
講習動画の掲載期間は、令和3年7月7日(水曜日)〜7月13日(火曜日)です。

講習資料は↓こちらからダウンロードしてください。

資料1「貸切バスの輸送の安全確保の徹底について@(運行管理)」
資料2「貸切バスの輸送の安全確保の徹底についてA(整備管理)」
資料3「貸切バス事業者の監査・行政処分等について」
資料4「貸切バス事業許可の更新制度について」

(2)以下の理解度チェックアンケートの回答をメール本文に記入し、7月15日(木曜日)までに、受講した方の営業所を管轄する各運輸支局の保安担当あて、メールで送付してください。
※理解度チェックアンケートの送付がない場合は未受講となります。

〇理解度チェックアンケート(全て記入してください)
@事業者名
A営業所名
B受講者役職
C受講者氏名
D 健康起因事故により死亡した運転者の疾病別内訳における上位3つの疾病の防止のため、御社では具体的にどのような対策を取られていますか。
E 過去に発生した貸切バス車内における新型コロナウイルス感染クラスターにおいて、原因となった乗客の行動3つを防ぐため、御社では具体的にどのような対策を取られていますか。
F 例えば、新型コロナウイルスの影響で1年以上乗務を行わなかった運転者に乗務を行わせようとする場合、御社では具体的にどのような指導が必要とお考えでしょうか。
G 講習会において紹介した近年のバス火災事故事例における出火場所及び出火原因を踏まえると、御社では日常点検、定期点検で具体的にどういった点に注意すべきとお考えでしょうか。
H 最近の行政処分状況、巡回指導結果及び法令改正を踏まえ、御社においてどのように運行管理の再徹底を図られますか(図られましたか)。具体的に改善される(された)内容及び取り組み等がありましたらあわせてお答えください。

4.その他
(1)講習動画視聴に伴う通信料は受講者側のご負担となります。スマートフォンによる視聴は、パケット通信料定額制の加入契約をしていない場合、通信事業者から高額な料金請求がくる場合がありますので特にご注意ください。
(2)当該講習は旅客自動車運送事業運輸規則第48条の4の講習(運行管理者の基礎講習、一般講習)ではありません。
(3)以下の講習会を受講された方は、YouTubeで受講いただく必要はありません。
●貸切バス事業者講習会:令和3年6月30日(水曜日) 産業見本市会館サンフェスタ(宮城県仙台市)

(4)期日までに理解度チェックアンケートを送付されない場合や、内容に不備がある場合には、後日支局から受講状況を確認させていただきます。