ページトップ

[本文へジャンプ]

中国運輸局 > 海事振興部 > 海に関するイベント情報

海に関するイベント情報印刷用ページ

2019年8月15日 更新

イベントの情報を掲載しています。一般の方も参加できるイベントもありますので是非ご参加ください。

「ダンボールボートで君もキャプテン!」

写真


ダンボールボートを製作し乗船するイベントです。
詳細につきましては、以下の内容をご覧ください。


対象:小学4年生以上
期日:令和元年9月23日(月・祝)日帰り
内容:船の話、ダンボール船づくり、ダンボール船乗船体験
参加費:1,000円(フェリー代・昼食代・保険代 等)
定員:50人程度(応募多数の場合抽選)
申込み:事業名、参加者全員の氏名(ふりがな)、年齢、生年月日、性別、郵便番号・住所、電話番号(携帯番号)、生年月日、を記入した書類と、82円切手を貼った返信用封筒(長形3号、宛名記入)を同封して、8月31日(土曜日)【必着】までに似島臨海少年自然の家へ郵送してください。
問合せ:広島市似島臨海少年自然の家
        〒734−0017 南区似島町字東大谷182
        пi082)259−2766/Fax(082)259−2767
  

海事学習会「ボートふしぎ発見」を開催しました。

写真

海事都市尾道推進協議会(事務局:尾道市、中国運輸局)は、海事学習会「ボートふしぎ発見講座」を8月3日(土曜日)、8月4日(日曜日)の両日、尾道市民センターむかいしまこころで開催しました。
今年で9回目となる本講座は、尾道市内の小学3〜6年生の児童を対象に、ヤマハ発動機株式会社の社会貢献活動担当の方に講師をお願いし、船に関する知識について解説や実験などをすることにより、子供達に海や船へ関心を持ってもらうことを目的に開催しています。
まず、身近にあるキッチンボウルや同じ重さの鉄の塊と箱を使って、なぜ重い鉄でできた船が浮くことができるのか、実験を交えながら、子供にも分かりやすく浮力について説明をしていただきました。
また、船型の違う模型船を水槽で走らせ、どんな形の船が速く走ることができるのか、水の抵抗について学習した後、クリアファイルシートを使用して、子供達と保護者に自由にボートを製作してもらいました。
マイボートが完成したら、いよいよレースです。ヤマハ特製の全長3m、5コースの水槽は、先端におもりのついた糸と滑車でボートを引っ張るしかけとなっており、ゴール地点でパソコンとモニターに接続し、コンマ2桁までタイムが表示されるため、各自のタイムと順位が数字で一目瞭然となる、本格的なハイテク装置です。
講師の説明を参考に、抵抗を受けにくい船型にして、各艇に思い思いの船名をつけてレースに参加し、子供も大人もひそかに優勝を狙い、大いに盛り上がっていました。

ひろしま海の祭典(バリアフリーまつり)2019開催

無料で海遊びを体験できる「ひろしま海の祭典(バリアフリーまつり)2019」が開催されます。
詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。

島のイベント情報

全国の海に関するイベント情報

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク