文字のサイズ変更

トップイメージ

トップ > 運輸局組織のご案内 > 鉄道部の業務紹介
鉄道部の業務紹介

〈組織体制〉
                                
〈主な業務内容〉
計 画 課 (電話011−290−2731)
○バリアフリー化の推進
 高齢者、身体障害者等の鉄道を利用した移動の利便性・安全性の向上を促進するため、エレベーター・エスカレーターなどによる段差の解消、視覚障害者誘導ブロック及び身体障害者用トイレの整備、低床式路面電車、案内表示等のハード面や案内情報の適切な提供、鉄道利用者のマナーの向上等のソフト面の改善を推進しています。
○鉄道の高速化等輸送サービスの推進

スーパーおおぞら
 都市鉄道の新線整備や在来線の高速化など地元のニーズに応じた輸送サービスの高度化の推進を図っています。
○「鉄道の日」記念行事の開催
「鉄道の日」記念行事
 わが国の鉄道は、明治5年(1872年)10月14日に新橋〜横浜間に開通し、その歴史の第一歩を踏み出しました。
 このことを記念して、平成6年より10月14日を「鉄道の日」と定め、鉄道の発展を祝うとともに、鉄道が国民のみなさまに広く愛され、より身近なもの、親しみやすいものとして理解と関心を深めてもらうために各種行事やイベントを開催しています。
組織体制へ戻る
技 術 課 (電話011−290−2733)
○鉄道・索道施設の安全対策の推進
 鉄道・索道施設については、適切な保守を行うとともに、施設の強化等を推進しています。特に、トンネルのコンクリート剥落事故を踏まえ、鉄道事業者に安全総点検を指示するなど、徹底した安全対策の確立を推進しています。
年末年始輸送の安全総点検
○鉄道・軌道車両の安全性の確保の推進
 新製車両形式の安全確保のため、車両確認 制度により、安全を中心とした技術基準への適合性を確認しています。また、車両の定期検査制度により、故障を未然に防止し、安全の確保を図っています。
トンネルの安全点検
組織体制へ戻る
安 全 指 導 課 (電話011−290−2732)
○安全対策、事故防止対策の推進
 保安監査及び鉄軌道・索道事故の調査分析等により、安全対策、事故防止対策の推進を図っています。
○運輸安全委員会の事故調査支援
 国土交通省に設置されている運輸安全委員会が行う重大事故の原因究明における支援業務を行っています。
○踏切事故防止キャンペーン

雪中での踏切キャンペーン街頭啓発
 冬期間に多く発生する踏切事故を防止するため鉄道事業者、関係自動車団体とともに全道の主要な踏切等で自動車運転者への啓発活動を行っています。
⇒ 運輸安全委員会HPへ
組織体制へ戻る
鉄 道 安 全 監 査 官 (電話011−290−2734)
○鉄軌道・索道の安全性確保の推進
 鉄道等の車両や施設の管理・保持の状況、運転取扱いを確認し、安全性確保のための監査・指導を行っています。