関東運輸局
横浜港の風景
 トップ > 海運・船舶 >> 船員として働くために
◎船員として働くために
 船員とは、船に乗り込んで働いている人の総称です。ここでは、船員になって船で働く人について、ご案内します。
  ・船員として働くためには、船を所有している「人」に雇われる必要があります。
 雇われるためには、船員を募集している人に「採用される」ことが必要です。
   船員を雇おうとする人は
   船員になりたい人は
   (失業給付について)
  ・いよいよ船に乗り組むためには、「船員手帳の取得・雇入届出等」をしなければなりません。
   船員手帳の取得方法等
  ・船員には、「船長」「機関長」「甲板員」等々色々な職務があります。
  ・船長や機関長など船舶職員法に規定されている職務につく場合には、一定の資格を有する「海技免状」が要求されます。
   海技免状の取得方法や情報について
   海技免状の種類や海技試験の日程等の案内について
  ・船員は「船」のなかという限られた空間で、しかも海上という特殊な環境下で働くことから、船員法により労働時間や休日等の労働条件、船内の安全衛生等について規定されています。
Copyright© Kanto District Transport Bureau All rights reserved