ページトップ

[本文へジャンプ]

北陸信越運輸局 > 船舶船員プレジャーボート > 科目合格及び科目免除等

科目合格及び科目免除等印刷用ページ

科目合格及び科目免除

筆記試験において、筆記不合格となった場合でも、一部の科目について基準点に達していれば、その科目は合格となります。
科目合格者は、筆記試験科目免除証明書を添えて、次回の試験に申請をすれば、その科目についての試験は免除されます。
「科目合格」の有効期間は3年間です。(平成30年7月1日より、筆記試験の科目合格の有効期間が2年から3年に延長になりましたので、科目免除の適用を受けている方はご注意願います。なお、科目合格の有効期間3年の延長措置は、平成28年7月以降の科目合格から適用されます。)定期試験の場合は、年後の同月の定期試験までとし、臨時試験の場合は、年後の臨時試験であって、その開始日が合格した臨時試験の開始日に相当する日のものまでです。 その間、何回でも使用でき、また、「科目免除」による受験で筆記試験が不合格となった場合でも受験した他の科目の一部について基準点以上に達していれば、さらにその科目は「科目合格」となります。

機関限定から無限定への移行に伴う科目免除

機関を限定した内燃機関2〜5級海技士(機関)の免許受有者が、受有資格以下の種別の無限定資格へ移行するための試験を受験する場合、機関に関する科目(その一)以外の 科目の試験が免除されます。

船舶船員プレジャーボート

  • 海技士国家試験受験の手引き
  • 定期試験(筆記・口述日割表)
  • 定期試験合格発表
  • 船員法のご案内
  • 海事代理士試験

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク