定期点検整備と自動車検査
 
 
T 定期点検整備と自動車検査(自家用乗用自動車(新車)の例)
(1) 定期点検整備と自動車検査の周期
         
一年点検

26項目
一年点検

26項目
二年点検

56項目
一年点検

26項目
二年点検

56項目
 
                                       
新車登録
(新規検査)
(1年点検を2回実施)
←─(3年)─→
継続検査
(1年点検を1回実施)
←─(2年)─→
継続検査
 
  
○   自動車の使用者は、定期点検整備を行うことを義務付けられています。
 検査時に定期点検整備を行っていない場合には、検査後、速やかに定期点検整備を行い、その結果を記録する必要があります
 自動車分解整備事業者(整備工場)が分解整備を行ったときは、自動車使用者に分解整備記録簿の写しを交付することが義務付けられています。
(2)自動車検査受検の類型
ユーザーが自ら、支局に現車持ち込み
ユーザー

ユーザー自ら、2年点検を実施
 

検査証有効期間更新
 
代行業者が、支局に現車持ち込み
 自動車検査の受検のみを業とする代行業者にあっては、点検整備を行いませんので、依託前の確認が必要です。
認証工場が、2年点検を実施
認証工場が、支局に現車持ち込み
ユーザー
検査証有効期間更新
指定工場が、2年点検と検査を実施
支局に保安基準
適合証提出
 認証工場及び指定工場は、2年点検に際し、ブレーキ等の分解整備を実施したうえで検査を受検又は自らの検査施設を使用して検査を実施しています。
1 認証工場とは、自動車分解整備事業者として地方運輸局長の認証を受けた事業者をいいます。
2 指定工場とは、地方運輸局長の認証を受けた事業者が「検査の設備及び自動車検査員」等の所定の要件
 を備え、地方運輸局長の指定を受けた事業者をいいます。

 

認証工場の標識 指定工場の標識



U 検査時に必要な諸費用
 自家用小型乗用自動車(車両重量1000kg)の例
 


 
 検査手数料 
1,300円
(自動車審査証紙)

400円
(検査登録印紙)
自動車重量税
(年式・車種により異なります) 
自賠償責保険(24ヶ月)
離島、沖縄を除く
  合  計 
1,700円 20,000円   27,840円 49,540円
 検査の結果、保安基準に適合しなくなるおそれがある部分又は適合しない部分があった場合には、不具合箇所の整備が必要となります。国の検査場では、不具合箇所の整備は行いませんので、整備に必要な費用等については、整備を依頼する認証工場又は指定工場におたずね下さい。
 
自動車検査の種類へ
 
戻る 自動車の点検・整備へ   戻る  検査・登録へ