HOME  BACK  登録サイトマップ  申請案内  書式・様式  資料・統計
ナンバープレート再交付
 車検の切れた自動車、抹消済みの自動車または一度も登録を受けたことのない自動車については、本来、道路を運行することができません。しかし、車検を受ける・登録をするという目的に限られますが、一時的に道路を運行することができる特例制度があり、それが市町村等で行う臨時運行許可制度になります。ただし、この許可は1台の自動車について一回の運行に限られています。
 そこで、自動車の販売・製作・陸送を業とする者がその業務を遂行する場合に限り、1回の許可で複数の自動車に使用できるという、さらに特例的な扱いが回送運行許可制度になります。
回送自動車の定義 回送の目的
製作(架装) 自己の製作に係り回送する自動車 自己工場と依頼者、車体架装工場、自動車置場、テストコース間の回送
陸 送 他人から委託を受け、指示された場所間を回送する自動車 委託者の指示する場所間の回送
販 売 自己の販売しようとする自動車の展示・整備・改造、販売した自動車の納車、仕入れた自動車の引き取り、販売・仕入れに伴って必要となる車検・登録・封印のため回送する自動車 自己の営業所と仕入先、納品先、自動車置場、車体架装工場、整備工場、展示場、顧客所在地、運輸支局間の回送
分解整備 車検のために回送する自動車 車検のために自ら分解整備しようとする自動車の引き取り、車検のために自ら分解整備した自動車の引き渡し、車検のために自ら分解整備した自動車の車検場までの回送
 許可を受けるためには、まず主たる営業所の所在地を管轄する運輸支局に対し「回送運行許可申請書」を提出することが必要です。提出された申請書は、その内容が定められた許可基準の要件を満たしているか審査し、合致していることが確認されれば許可となります。
詳しくは申請する運輸支局にお問い合わせください。
回送運行の許可基準 (69KB)
自動車の回送運行の許可事務等の取扱要領 (201KB)
申請・届出等各種様式 (337KB)
回送運行許可事業者に対する監査方針 (64KB)
回送運行許可を受けた者に対する行政処分等基準 (143KB)