ページトップ

[本文へジャンプ]

神戸運輸監理部トップ > 組織・行政情報 > フォトギャラリー(平成30年度)

フォトギャラリー(平成30年度)印刷用ページ

2018年6月22日 更新

マリンカーニバル神戸2018(H30.6.9〜10)

車いすでのバスの乗降を体験する学生
賑わう会場の様子
来場者に対応する職員
来場者に対応するスタッフ
缶バッジ作りを教える職員
缶バッジ作りを教える職員
大人気の「船の広場」
大人気の「船の広場」の様子
6月9日()〜10日()、神戸マリンピア(神戸市垂水区)において、マリンカーニバル神戸2018が開催され、マリンレジャーの体験と実感をテーマに、クルーザーの乗船体験など海や船に関するアレコレ、19種の多彩なイベントに家族連れなど1,400名以上の方にマリンスポーツ体験を楽しんで頂きました。

バリアフリー教室【姫路市立神南中学校】(H30.6.4)

バスについて説明する職員
バスの利便性について説明する職員
車いすの説明をする職員
車いすの操作方法を説明する職員
車いすでのバスの乗降を体験する学生
車いすでのバスの乗降を体験する学生
バスの設備について説明する職員
バスの設備について説明する職員
視覚障害体験を行う学生
視覚障がい者介助を体験する学生
生徒に語りかける塚本企画推進本部次長
生徒に語りかける塚本企画推進本部次長
6月4日(月曜日)、姫路市立神南中学校において、同校の1年生62名に対して、ノンステップバスを活用し、車いすでの乗降方法や視覚障がい者介助の方法などを体験するバリアフリー教室を開催し、子供達に「心のバリアフリー」を呼びかけました。

神戸市内の中学校で出前授業を実施(H30.5.18)

講義を行う鵜山海事振興部長
講義を行う鵜山海事振興部長
質問する様子
子供達に質問する様子
5月18日、神戸市長田区の雲雀丘中学校において、今年度最初の出前授業を実施しました。授業では、帆船「日本丸」の元船長である鵜山海事振興部長が講師となり、普段、海に接することの少ない子供達に、自身の体験談を交えながら海や船の魅力・役割と神戸港の素晴らしさを伝えました。参加した子供達からは「一番苦しかったことは?」「なぜ航海士になったの?」などの質問が交わされました。

第40回神戸港カッターレース(H30.5.13)

挨拶する吉田運輸監理部長
挨拶する吉田運輸監理部長
レースの様子
大雨の中、激漕する選手たち
レースの様子
二連覇達成の瞬間
記者会見の様子
優勝後の記念写真に収まる選手たち
第40回神戸港カッターレースが5月13日、大雨の中で行われ、我が神戸運輸監理部は、神戸港振興協会設立60周年記念レース(官公庁対抗)において見事優勝し、昨年に続く二連覇を達成しました。

平成30年度記者会見(H30.4.23)

着任会見を行う吉田運輸監理部長
着任会見を行う吉田運輸監理部長
記者会見の様子
記者会見の様子
本年4月1日付けで、神戸運輸監理部長に就任した吉田運輸監理部長の着任記者会見が、4月23日に行われました。会見では、みなとまち神戸の安全・安心の確保と活性化に向けた取り組みについて抱負が述べられました。

貸切バスに対する街頭監査(H30.4.20)

運転手からの聞き取りの様子
運転手からの聞き取りの様子
監査の様子
監査の様子
兵庫陸運部では、4月20日に姫路城大手門駐車場において、貸切バスの街頭監査を実施しました。当日は21人の監査員が出動し、合計17台のバスに対して監査を実施しました。

吉田神戸運輸監理部長着任式(H30.4.2)

吉田運輸監理部長によるご挨拶
歓迎の挨拶をする松浦総務企画部長
歓迎の挨拶をする松浦総務企画部長
4月1日付で、神戸運輸監理部に着任した吉田正彦神戸運輸監理部長の着任式が2日に行われ、職員を前に「安心・安全の確保と、地域活性化への取り組み」について抱負を述べられました。