トップ > 船の免許 > 海技免許 > 筆記・口述試験の日程 | 国土交通省 神戸運輸監理部
●海技免許
船の免許

試験の日程

  • 定期試験の筆記試験日程は、全国統一のものとなっています。

受付期間

定期試験 試験開始期日の35日前から(2月定期については40日前から)15日前まで。
学科試験のうち口述試験のみ申請する方については、試験開始日の前日まで。
平成29年度の受付期間はこちらをご覧下さい。
臨時試験 その都度公示。※ホームページでは公示しません。

(1)海技試験申請書(一)(第10号様式)
注意:平成23年4月1日から、窓口で配布しています。

(2)試験申請書(二) (通達第21号様式)

(3)写真(3センチ×3センチ)2枚

(無帽無背景、正面上半身、申請日前6ヶ月以内に撮影したもの)
※下記(7)の受験票に貼り付けてください。
なお、画像を普通紙・コピー紙に印刷したものなど、不鮮明な写真は不可。解像度や写り方の状況によっては受理できないことがあります。

(4)戸籍抄本又は本籍の記載のある住民票

(5)収入印紙

(6)手数料納付書(第26号様式)

(7)受験票(通達第16号様式)
注意:平成23年4月1日から、窓口で配布しています。

※筆記試験のみ受験する方は(1)〜(7)までの書類

(8)乗船履歴を証する書類(船員手帳等)

(身体検査の省略を受ける方を除く)
平成26年4月以降は、船員法施行規則第57条に掲げる「指定医師」で受診したもののみ有効となります。また、航海・機関・通信等にかかわらず、色覚の検査が必須となりますので、必ず受診して下さい。
 また、色覚検査の実施の際は、裸眼による検査とし、従来より、色覚を調整するための補正眼鏡等の使用は認めておりません。
以下は該当者について必要なもの

(10)海技士にあっては海技免状

(11)海技士(通信)又は海技士(電子通信)を受験する方にあっては、無線従事者免許証及び船舶局無線従事者証明書

(12)学校卒業者(船舶職員養成施設修了者)は、卒業証明書、又は修了証明書、若しくは修得単位証明書

(13)他局で合格した身体検査の省略を受ける方は、海技士身体検査合格証明書(*合格日から1年間有効))

(14)他局で合格した筆記試験の免除を受ける方は、筆記試験合格証明書(*合格日から15年間有効)

(15)他局で合格した筆記試験(科目)の免除を受ける方は、科目免除証明書(*合格日から2年間有効)

なお、(13)、(14)、(15)については、当面の間、証明書の提出がなくとも、受付可としている地方運輸局もございますので、取扱いについて各地方運輸局にお問い合わせ下さい。

●郵送申請について
・申請書は折り曲げないでください。
・必要書類が整っていない状態で送付しないだ下さい(不受理処理とします)
・受験票等を返送するための返信用封筒(切手を貼り付けること※郵便料金変更にご注意)も同封してください。
・申請に関して取り急ぎ連絡確認する場合もありますので、携帯電話番号など必ずすぐに連絡がとれる電話番号を申請書に記入してください。外航船に乗り組む場合は電話番号にあわせてメールアドレスなどを記載し連絡が取れるようにして下さい。

申請書添付書類の返却

返還願(任意様式)

当運輸監理部に試験申請した者で、海技士国家試験の不成立(海技士国家試験に欠席又は試験を中途で放棄すること)となった者又は試験に不合格となった者で、当運輸監理部に受験票を提示の上、返還願を提出した者のみ、申請書添付書類の一部を返還することが可能です。