ページトップ

[本文へジャンプ]

九州運輸局 > 各種手続き > 倉庫業

倉庫業印刷用ページ

倉庫業とは・・・
 寄託を受けた物品を倉庫において保管する事業であり、原料から製品、冷凍・冷蔵品や危険物に至るまで、国民生活・経済活動に欠かせない多種多様な物品を大量かつ安全に保管する役割を担っています。
 他人の貴重な物品を預かるという営業倉庫の特性から、倉庫業を営むにあたっては倉庫業法に基づく登録を受ける必要があります。登録を受けるためには、保管する物品に応じた倉庫施設の基準をクリアした倉庫であること、倉庫ごとに一定の要件を備えた倉庫管理主任者を選任すること等が必要となります。
 なお、倉庫業法、倉庫業法施行令並びに倉庫業法施行規則本文等については、以下をご覧下さい。

●倉庫業に関連する法令は次のとおり
倉庫業法(e−Gov)
倉庫業法施行令(e−Gov)
倉庫業法施行規則(e−Gov)
倉庫業法施行規則等運用方針(PDF:1.08MB)

●倉庫業の申請に関連する情報は次のとおり
倉庫業登録申請の手引き(国土交通省HP:PDF)

倉庫業全般・詳細情報はこちら(国土交通省HP)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク