組織別情報

  1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. 自動車の検査について

お役立ち情報

車に関する情報

自動車の検査について

車の持ち込み検査は予約が必要です。

1. 自動車の検査の種類
検査の種類
内     容
検査を受ける場所
新規検査
新たに自動車を使用しようとするときに受ける検査、または、登録を抹消した自動車を再び使用するときに受ける検査 使用の本拠の位置を管轄する運輸支局
継続検査
自動車検査証(車検証)の有効期間が満了した後も引き続きその自動車を使用するときに受ける検査 最寄りの運輸支局
構造等変更検査
使用途中の(ナンバープレートが付いている)自動車の長さ、幅、高さ、最大積載量等に変更を生じるような改造をしたときなどに受ける検査 使用の本拠の位置を管轄する運輸支局

(注)その他に、予備検査、臨時検査があります。



2. 継続検査の流れ

運輸支局では軽自動車の検査は行っておりません。軽自動車の検査については最寄りの軽自動車検査協会までお問い合わせください。

(1) 車検の予約(ユーザー車検の場合)
  独立行政法人自動車技術総合機構のウェブサイトで予約します。
自動車検査証(車検証)をお手元に置き、予約サイトにアクセスしてください。
 
パソコンまたはスマートフォン用予約サイト
https://www.yoyaku.naltec.go.jp/
携帯電話用予約サイト
https://mobile.yoyaku.naltec.go.jp/
   
(2) 書類を揃える
  「3. 継続検査の手続きに必要な書類」をご参照ください。
   
(3) 受付
  運輸支局の車検受付窓口で必要書類の確認をした後、受付します。予約した日の次の時間までに、記入済みの書類を車検受付窓口に提出してください。ただし、予約した検査ラウンドが終了した場合は、予約は無効となりますのでご注意ください。
 
受付時間 午前 8時45分から11時45分
  午後 1時00分から3時45分
   
(4) 検査
不慣れな受検者による事故が多発しております。不慣れな方は必ず自動車検査場を見学の上、入場してください。
入場前には
ホイールナットの状況などを確認しますので、すべての車輪のホイールキャップまたはセンターキャップを取り外してください。
検査場では定員分の座席やシートベルト、また非常信号用具等を確認しますので、事前に確認できる状態としてください。
ハイブリッド自動車、アイドリングストップ機構付自動車についても排気ガス検査を行いますので、整備モードへの移行等によりアイドリング状態としてください。
上記の他にもお願いがあります。事前にこちら(PDF、約500KB)の「4-1自動車検査場における秩序維持」をご確認ください。
検査をすべて受検し車検の基準に適合していれば、自動車検査票の適合欄に自動車検査官の合格印をもらうことができます。この合格印をもらえば検査は終了です。検査が終了しただけでは自動車検査証(車検証)の有効期間が更新されたことにはなりませんので、続いて継続検査申請窓口へ申請書を提出します。
   
(5) 申請書提出
  継続検査窓口へ受付時の書類すべてを提出します。書類審査を行いますのでしばらくお待ちいただきます。
   
(6) 交付
  更新された自動車検査証(車検証)と検査標章(ステッカー)が交付されます。受け取ったら、必ず申請した自動車の自動車検査証(車検証)であることを確認してください
確認し間違いがなければ、受検者本人が古い検査標章を剥がし、新しい検査標章を貼付してください。
これで、車検手続きのすべてが終了です。


3. 継続検査の手続きに必要な書類
運輸支局では軽自動車の検査は行っておりません。軽自動車の検査については最寄りの軽自動車検査協会までお問い合わせください。
以下の@からDまでの書類などは、あらかじめご用意ください。
@ 自動車検査証(車検証)
   
A 点検整備記録簿
直近で行った点検整備記録簿をご持参ください。
自動車に備え付けられているメンテナンスノートや整備手帳に記録簿の用紙があります。
   
B 自動車税納税証明書
小型二輪自動車は検査を受けた日における有効な証明書が必要です。詳しくは管轄の市町村へお問い合わせください。
小型二輪自動車以外の自動車は自動車税の納付状況の確認が電子化されているため基本的には不要ですが、コンビニやクレジットカードで自動車税を納付後すぐに継続検査を受検される場合などでは必要となる場合があります。この場合においては検査を受けた日における有効な証明書が必要です。詳しくは管轄の自動車税事務所等へお問合わせください。
納税通知書や督促書、領収証書は納税証明書の代わりにはなりません。
領収印がないものは無効です。
   
C 使用者の印鑑または署名
Gの継続検査申請書に押印または署名していただきます。
使用者が法人の場合は代表取締役印または代表取締役の署名が必要です。
 
こちらをクリックすると拡大したものが表示されます(PDF、約56KB)。)
   
D 自動車損害賠償責任保険(共済)証明書
車検合格日から更新される自動車検査証(車検証)の有効期間までを満たす保険期間が必要です。詳しくは保険会社等へお問合わせください。
   
E 自動車検査票
運輸支局窓口などで配布しています。
Fの手数料印紙と証紙を貼付していただきます。
   
F 検査手数料印紙
国の自動車検査登録印紙400円に加えて、独立行政法人自動車技術総合機構の自動車審査証紙1,300円(小型車)または1,400円(小型車以外)が必要です。
運輸支局近隣の印紙売り場で購入できます。
 
小型自動車 小型自動車以外
1,700円 1,800円
(国の印紙 400円) (自動車機構の証紙1,300円)
(国の印紙 400円) (自動車機構の証紙1,400円)
   
G 継続検査申請書(第3号様式または専用第3号様式)
運輸支局窓口などで配布しています。なお、こちらからもダウンロードできます。
   
H 自動車重量税納付書
運輸支局窓口などで配布しています。
Iの印紙を貼付していただきます。
   
I 自動車重量税印紙;
運輸支局近隣の印紙売り場等で購入できます。
平成27年5月1日からの自動車重量税の税額表はこちら(PDF、約1.8MB)。


4. 運輸支局への連絡先
支  局
電話番号
徳島運輸支局 050−5540−2074
香川運輸支局 050−5540−2075
愛媛運輸支局 050−5540−2076
高知運輸支局 050−5540−2077
オペレーターに直接問い合わせる場合は、お電話いただいた後自動音声案内の際に、「02181」を押してください。
なお、サービスコード一覧はこちら(PDF、約260KB)。

5. 自動車検査に関するリンク先
国土交通省 「自動車検査・登録ガイド
独立行政法人自動車技術総合機構 「自動車検査とは」

このページのTOPにもどる