ページトップ

[本文へジャンプ]

東北運輸局 > 自動車の検査・登録 > 大型車のホイール・ボルト、ナットの点検を仙台トラックステーションで実施

大型車のホイール・ボルト、ナットの点検を仙台トラックステーションで実施印刷用ページ

〜 大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン 〜
 近年、大型車のホイール・ボルト、ナットのゆるみ等による車輪脱落事故の発生件数は、全国的に増加傾向を示しており、特に、東北地方の大型車の事故が増加傾向にあることから、東北運輸局では「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」を9月から展開し、事故防止の啓発活動を行っています。
 本キャンペーンの一環として、東北運輸局、宮城運輸支局及び公益社団法人宮城県トラック協会は一般社団法人宮城県自動車整備振興会の協力のもと、タイヤ交換後のナットの緩み等を確認する点検(増し締め点検)を以下により実施しました。

 日時:令和3年11月16日(火曜日) 14時00分〜
 場所:仙台トラックステーション 駐車場(仙台市宮城野区苦竹四丁目1433−1)

【街頭点検の模様】
 大型ディーラーの方に2人1組となってもらい、トルクレンチを用いてホイール・ナットの増し締め点検を実施しました。併せて、調査表を用いて運転手への聞き取りを実施しました。
 点検の結果、増し締め点検を実施した9台の車両のうち、2台について僅かな緩みがありました。
 東北運輸局では今後も、車輪脱落防止への啓発活動を行ってまいります。