ページトップ

[本文へジャンプ]

東北運輸局 > 自動車の検査・登録 > ナンバープレートの見方

ナンバープレートの見方印刷用ページ

自動車のナンバープレートの見方(例)

ナンバーの説明

  • @運輸支局、自動車検査登録事務所又は地域名を表示する文字
  • A自動車の種別による分類番号
  • Bかな文字
  • C一連指定番号
  • ※事前に申し込みをすることにより、好きな番号を選ぶことができます。詳しくは希望ナンバー制

塗色

事業用 緑地に白文字
自家用 白地に緑文字
貸渡(レンタカー)用 白地に緑文字
駐留軍人・軍属私用等 白地に緑文字

自動車の種別による分類番号

      

普通 貨物自動車 1,10〜19,100〜199
乗合自動車 2,20〜29,200〜299
乗用自動車 3,30〜39,300〜399
小型 貨物自動車 4,40〜49,400〜499
6,60〜69
乗用自動車 5,50〜59,500〜599
7,70〜79
特種用途自動車 8,80〜89,800〜899
大型特殊自動車 9,90〜99,900〜999
大型特殊自動車のうち建設機械 0,00〜09,000〜099
分類番号下2字「00」〜「09」は昇順で使用し、払底した場合は、アラビア数字と
A,C,F,H,K,L,M,P,X,Yのローマ字を組み合わせて払い出します。

かな文字

事業用 あいうえかきくけこを
自家用 さすせそたちつてとなにぬねの
はひふほまみむめもやゆらりるろ
貸渡(レンタカー)用 れわ
駐留軍人・軍属私用等 EHKMTYよ
使用されない文字 おしへゐゑん

封印の目的(ミニ知識)

「封印」は自動車の後面ナンバープレートの左側に取り付けられています。この封印には取り付けを行った運輸支局等を表示する文字が刻印されています。

自動車は登録することにより、所有権があることを第三者に主張できる民事上の効力(所有権の公証)が生じますが、これはナンバープレートを自動車に正しく表示することによって行います。

もし、ナンバープレートが誰でも自由に取り外しができるとなると、この「所有権の公証」が非常に困難なものとなるため、封印を取り付けることによりナンバープレートの自由な取り外しができないようにしています。
(道路運送車両法第11条、同法施行規則第8条)

管轄運輸支局等を表示する文字(東北運輸局管内)

表示する文字 管轄の運輸支局又は自動車検査登録事務所
青森 青森運輸支局
弘前
八戸 八戸自動車検査登録事務所
岩手 岩手運輸支局
盛岡
平泉
宮城 宮城運輸支局
仙台
秋田 秋田運輸支局
山形 山形運輸支局
庄内 庄内自動車検査登録事務所
福島 福島運輸支局
会津
郡山
白河
いわき いわき自動車検査登録事務所