ホーム > 地域公共交通活性化 > 公共交通活性化総合プログラム > 地域公共交通確保・維持・改善に向けた取組マニュアル

地域公共交通確保・維持・改善に向けた取組マニュアル

 特に、はじめて地域公共交通の確保・維持・改善に取り組む行政、交通事業者、NPO等の担当者を対象として、目標や基本方針のあり方、コミュニティバスの定義や運行形態ごとの留意点、スクールバス等既存交通機関の活用方法と参考事例、デマンド交通のメリット・デメリット等効率的・効果的な取組を推進するために必要なポイントをまとめた本マニュアルを作成しました。

 本マニュアル概要版の巻末には、「トラブルシューティング」として、バス路線が廃止されそうな場合、自治体の補助額を削減したい場合、など地域公共交通が直面しそうないくつかのパターンを想定して、どのようなポイントで検討を行うかを、本編のページを逆引きできるようにしました。

 まずは、本マニュアル概要版をご覧いただき、次に、ご関心がある事項について参照すべき本マニュアル本編をご覧いただくことによって、より深い理解をえることができると考えられます。是非、本マニュアルを下記ファイルより、ダウンロード及び印刷してご活用ください。
マニュアルのご紹介
概要版
全体版 一括ダウンロード(14.8MB/PDFファイル)

表紙・目次
1.はじめに
2.地域公共交通の現状
3.地域公共交通確保・維持・改善に向けた検討・整理
4.地域公共交通計画策定に関する検討・整理
5.陸上交通の運行のポイントに関する検討・整理
6.離島航路等の運航にあたってのポイント
7.関係者との合意形成の図り方
8.PDCAサイクルによる評価のあり方
9.関係法律、制度等
コラム1.バス事業者の経営状態、経費構成等
コラム2.地域鉄道事業者の経営状態、経費構成等や確保・維持のあり方
コラム3.利用環境改善促進等の事例・効果等
■問い合わせ先:交通政策部 交通企画課
TEL 06-6949-6409
FAX 06-6949-6169

関連サイト・サポート情報