ページトップ

[本文へジャンプ]

北海道運輸局 > 環境に関すること > 運輸部門(交通分野)に関する省エネ法について

運輸部門(交通分野)に関する省エネ法について印刷用ページ

 エネルギーの使用の合理化等に関する法律(以下、「省エネ法」という。)は、内外におけるエネルギーを巡る経済的社会的環境に応じた燃料資源の有効な利用の確保に資するため、工場等、輸送、建築物及び輸送器具等について、エネルギーの使用の合理化を総合的に進めるために必要な措置を講じる所要の措置を講じ、国民経済の健全な発展に寄与することを目的としています。

 国土交通省(運輸局)は、省エネ法のうち、運輸部門(交通分野)の省エネルギーを担当しています。輸送事業者のうち、一定基準以上の輸送能力を保有する事業者は、特定輸送事業者として指定されます。
 特定輸送事業者は、省エネ計画の策定やエネルギー使用量等の定期報告が義務付けられています。
〔特定輸送事業者に指定される基準〕

輸送機関 貨 物 旅 客
鉄 道 300両
自動車 200台 バ  ス 200台
タクシー 350台
船 舶 2万総トン(総船腹量)
航 空 9,000トン(総最大離陸重量)
 なお、省エネ法で指定される輸送事業者は、自家用自動車を使用して自家輸送を行っている者も含まれます。

定期報告等の様式は、下記のリンク先からダウンロードいただけます。
◇定期報告書
   ■貨物用(様式)   ■貨物用(作成支援ツール)
   ■旅客用(様式)   ■旅客用(作成支援ツール)
◇中長期計画書
   ■貨物用(様式)   ■貨物用(作成支援ツール)  
   ■旅客用(様式)   ■旅客用(作成支援ツール)   
◇作成支援ツールの使用方法
   ■貨物用
   ■旅客用
(様式)はword形式、(作成支援ツール)はexcel形式で入力が可能なものとなります。
作成支援ツールの使い方は、それぞれの輸送モードの使用方法をご覧下さい。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク