ページトップ

[本文へジャンプ]

関東運輸局 > 各種手続 > 船員関係の各種手続 > 危険物取扱責任者の認定

危険物取扱責任者の認定印刷用ページ

危険物取扱責任者について

船員法第117条の3の規定により、省令の定めるタンカーには危険物取扱責任者として、証印を受けている者を、
省令の定めるところにより乗り組ませる必要があります。
省令の定めるタンカーは、平水区域を航行区域とするタンカー以外の石油タンカー(ばら積みの石油及び石油製品を
輸送するために使用されるタンカーをいう。)、液体化学薬品タンカー(ばら積みの液体化学薬品を輸送するために使用
されるタンカーをいう。)及び液化ガスタンカー(ばら積みの液化ガスを輸送するために使用されるタンカーをいう。)と
されています。
船舶所有者は、省令の定めるタンカーに、船長・一等航海士・機関長・一等機関士を乗り組ませようとするときは、
タンカーの種類に応じて甲種を、それ以外の海員を危険物又は有害物の取扱いに関し責任を有するものとして
乗り組ませるときは、タンカーの種類に応じて甲種又は乙種の危険物等取扱責任者資格認定を受けている者を
乗り組ませなければなりません。

●危険物取扱責任者の認定について(船員法施行規則第77条の6)

◇資格要件
(船員法施行規則第9号表)

一 甲種危険物等取扱責任者(石油)
1 石油タンカーにおいて、第七十七条の六第二項の規定による認定の申請の日(以下「申請日」という。)以前五年以内に、次の(1)又は(2)に掲げる船員の区分に応じ、それぞれ(1)又は(2)に定める職務に三月以上従事した経験を有すること又は国土交通大臣がこれと同等以上の経験を有するものとして告示で定める基準に適合すること。
 (1) 船長又は一等航海士若しくは運航士(四号職務) 船長又は甲板部の職員若しくは甲板部の部員であつて甲板部の部員が行うべき作業全般に関し責任を有するもの
  (2) 機関長又は一等機関士若しくは運航士(五号職務) 機関部の職員又は機関部の部員であつて機関部の部員が行うべき作業全般に関し責任を有するもの
2 申請日以前五年以内に、消火、タンカーの安全の確保、海洋汚染の防止等に関する講習であつて次に掲げるものの課程を修了したこと。
 (1) 第七十七条の六の二及び第七十七条の六の三の規定により国土交通大臣の登録を受けた講習(消防講習)
 (2) 第七十七条の六の十七及び第七十七条の六の十八の規定により国土交通大臣の登録を受けた講習(学科講習)
二 甲種危険物等取扱責任者(液体化学薬品)
1 液体化学薬品タンカーにおいて、申請日以前五年以内に、前号1に規定する経験を有すること又は国土交通大臣がこれと同等以上の経験を有するものとして告示で定める基準に適合すること。
2 申請日以前五年以内に、前号2に規定する講習の課程を修了したこと。
三 甲種危険物等取扱責任者(液化ガス)
1 液化ガスタンカーにおいて、申請日以前五年以内に、第一号1に規定する経験を有すること又は国土交通大臣がこれと同等以上の経験を有するものとして告示で定める基準に適合すること。
2 申請日以前五年以内に、第一号2に規定する講習の課程を修了したこと。
四 乙種危険物等取扱責任者(石油・液体化学薬品)
次のいずれかに適合すること。
1 次の(1)及び(2)に適合すること。
 (1) 消火に関する訓練を修了し、かつ、石油タンカー又は液体化学薬品タンカーにおいて、申請日以前五年以内に、船長、一等航海士、運航士(四号職務)、機関長、一等機関士又は運航士(五号職務)の監督の下に危険物又は有害物の取扱いに関する作業を三月以上行つた経験を有すること。
 (2) (1)に規定する経験の内容が国土交通大臣が告示で定める基準に適合すると船長が認めること。
2 申請日以前五年以内に、前号2に規定する講習の課程を修了したこと。
五 乙種危険物等取扱責任者(液化ガス)
次のいずれかに適合すること。
1 次の(1)及び(2)に適合すること。
 (1) 消火に関する訓練を終了し、かつ、液化ガスタンカーにおいて、申請日以前五年以内に、前号1(1)に規定する経験を有すること。
 (2) (1)に規定する経験の内容が国土交通大臣が告示で定める基準に適合すると船長が認めること。
2 申請日以前五年以内に、前号2に規定する講習の課程を修了したこと。
・STCW締約国が発給した締約国資格証明書を受有する者であつて、国土交通大臣が告示で定める基準に適合するもの
 ◇ 提出書類及び提示書類
  A船員手帳
   ※船員手帳で乗船履歴が確認できない場合は、次の書類が必要です。
    ・一括届出の場合→乗船履歴証明書+一括届出許可申請書の写し
    ・外国籍船の場合→乗船履歴証明書+移動対象船員認定申請書(派遣船員認定申請書)の写し、領事館等証明等
  B訓練機関の修了証等、修了を証する書類
   ※締約国資格証明書を受有する者については、以下の書類が必要です。
  C締約国資格証明書
  D危険物等取扱責任者の認定に係る国内海事法令講習修了証明書
  E写真票 ※手数料は無料です。

●危険物取扱責任者の更新について(船員法施行規則第77条の7)

危険物等取扱責任者の資格認定の有効期間は5年です。要件を満たせば、いつでも更新できます。
ただし、手続きをする時期によって、更新後の有効期間の起算日が異なりますので、ご留意ください。
・有効期間満了前6月以内に手続き → 現有資格の有効期限の翌日から起算して5年間
・有効期間満了前6月前より以前に手続き → 申請日から5年間
※有効期間を経過すると、いかなる場合であっても更新できませんので、ご注意ください。
◇ 更新要件 資格の区分毎に次のいずれかの要件に適合すること
一 有効期間が満了する日以前5年以内に第9号表下欄に規定する経験を有すること。 (資格に対応した乗船履歴3ヶ月)
二 有効期間が満了する日以前5年以内に消火、タンカーの安全の確保、海洋汚染の防止等に関し国土交通大臣が
  告示で定める基準に適合する講習の課程を修了したこと。 (更新講習)
◇ 提出書類及び提示書類

 A船員手帳
   ※船員手帳で乗船履歴が確認できない場合は、次の書類が必要です。
   ・一括届出の場合→乗船履歴証明書+一括届出許可申請書の写し
   ・外国籍船の場合→乗船履歴証明書+移動対象船員認定申請書(派遣船員認定申請書)の写し、領事館等証明等
 B訓練機関の修了証等、修了を証する書類(上記二に該当する場合) ※締約国資格証明書を受有する者については、
  以下の書類が必要です。
 C締約国資格証明書
 D写真票 ※手数料は無料です。

各種手続

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク