ページトップ

[本文へジャンプ]

関東運輸局 > 環境・物流 > 災害支援物資輸送関係 > 多様な支援物資物流システム構築協議会

多様な支援物資物流システム構築協議会印刷用ページ

 大規模災害時においては、交通インフラ等の被災も想定されることから、鉄道、内航海運、航空機、トラックといった多様な輸送モードが、状況に応じてスムーズに連携・連結し、支援物資輸送を行う体制を整えておくことが求められております。
 また、被災地に十分な支援物資が供給されるためには、国による物資輸送のみならず、周辺応援自治体や全国の自治体からの迅速な物資輸送が重要となっております。
 さらに、これら支援物資は相当量が港湾・空港等の結節点及びその周辺地域に集積されることが想定されます。
 このため関東運輸局では、被災自治体、応援自治体及び物流事業者等の関係者による調整事項・共有情報の整理や連携体制の整備に向けた検討を行うため、本協議会を設置しました。

第1回協議会

第2回協議会

第3回協議会