ページトップ

[本文へジャンプ]

九州運輸局 > 分野別情報 > 新型コロナウイルス感染症対策情報 > 観光業界における対策状況

観光業界における対策状況印刷用ページ

御覧になりたい項目をクリックすると画面が遷移します
交通・観光業界における対策状況

交通・観光事業者の対策事例鉄軌道バスタクシー旅客船観光業

・関係事業者への対策依頼(鉄軌道・索道バス・タクシー・トラック旅客船旅行業

政府・地方公共団体の支援策(交通・観光関係)

政府の支援策

・地方公共団体の支援策(福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県

運輸局の相談窓口、特例措置

相談窓口

特例措置

関係リンク集

九州各県

関係行政機関

業界団体公表の業種別ガイドライン

その他

観光事業者の取組事例

一般社団法人日本旅館協会「宿泊施設における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」等を踏まえた対策を行っています。

  • フロントデスクでの対面距離の確保、飛沫感染防止策の実施
  • 従業員による館内・客室説明に代わる文書の配布、動画の紹介
  • エレベーター内や押しボタンの清拭消毒、ドアノブ、備品等を含めた客室清掃時の表面清拭
  • 大浴場の入場人数の制限
  • 宴会・会食時の一人鍋、一人盛りや従業員による取り分けの実施

浴室利用人数が把握できるシステムの導入(両築別邸(大分県))

  • 大分県の両築別邸では、館内入口でサーモグラフィーによる検温を実施しているほか、各客室のテレビを利用して大浴場や露天風呂の利用人数がリアルタイムで分かるシステムを導入し、浴室における「3密」の発生を回避している。

観光関係者が協力して進める感染予防対策(セーフティネット高千穂町(宮崎県))

  • 高千穂町では、高千穂町観光協会や商工会などの観光関係団体で構成する「セーフティネット高千穂」を設立。業種ごとに防疫対策マニュアルを作成し、実施店舗に共通ステッカーを配布、店舗に掲示するなど、町全体で感染予防対策に取り組んでいる。