ページトップ

[本文へジャンプ]

四国運輸局 > 「津波救命艇」に関する情報

「津波救命艇」に関する情報 印刷用ページ

1.津波救命艇について
 平成23年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」では、巨大な津波が発生し東北地方の太平洋岸を中心に甚大な被害をもたらしました。仮に南海トラフ地震が発生した場合、関東地方から九州地方にかけての太平洋沿岸の広い地域に10mを超える大津波の襲来が想定されています。
 津波から身を守る手段は、高台や津波避難ビル、津波タワーなどへの避難が基本ですが、高所がない、避難ビルが建てられないといった地理的な問題や幼児や高齢者など支援を要する人々がいかに短時間で避難できるかなど解決すべき課題は多く存在しています。
 このような中、国土交通省では避難方法の選択肢のひとつとして、国内のメーカーほか関係者の協力を得て、外洋を航行する船舶に搭載が義務付けられている船舶用救命艇の技術を活用した「津波救命艇」を考案しました。
パンフレットPDF パンフレット
PDF〔4.78MB〕
津波救命艇
2.津波救命艇原型承認一覧
 津波救命艇ガイドラインに基づき、現在、原型承認がなされている津波救命艇は、以下のとおりです。
リンク先:国土交通省ホームページ
 (http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_tk5_000024.html

 なお、津波救命艇の詳細は、製造者に直接ご確認願います。
3.「津波救命艇ガイドライン」の公表について
 四国運輸局では、平成25年に「津波対応型救命艇に関する検討会」の検討を踏まえ、試作艇製作によって得られた知見等を取り入れ、東日本大震災クラスの津波に対しても、安全に避難することが可能な津波救命艇の機能要件、品質管理と維持管理の方法等に関する指針「津波救命艇ガイドライン(旧ガイドライン)」をとりまとめました。現行のガイドラインは、旧ガイドラインを発展させるかたちで平成26年9月、国土交通省海事局により定められたものです。
 リンク先:国土交通省ホームページ
https://www.mlit.go.jp/common/001195341.pdf
4.衝撃強度評価試験及び自己復原性試験動画

衝撃強度評価試験

自己復原性試験
お問合せ先
◇四国運輸局 海事振興部船舶産業課 電話番号087-802-6816